TV からの音声は心を教育して行く。

人々の生活は、いつでも耳から目からそして臭覚からでも、毎日の行動と共に、赤ちゃんが、いつの間にか喋るようになったり、歩いたり、好きだ!、嫌だ!、等の事が出来てしまったりする。

本当に、生活の中での”無駄な音”の現象。嫌な音の現象。は存在する、明治時代から、僅か150年しか経過してる現在、長生きしている人80歳の二人分であるだけの事なのです。この様な中での今!!、ちょんまげの江戸の末期から僅か、150年で、人は、スマホとか、アプリとかガラ系での通信をしての電気、電子関係の変革の生活ト成っている。

政治体制と生活実態も、変革した。”男女平等”。(YOUTUBEでのクリックで、”佐藤オフィス”クリックで、腹話術演技を公開して喋ってはいます。)そして、今、一番心配なのは戦争への誘惑が茶の間にTV番組の中にあるように思います。

唄の番組、演歌は日本人の心の涙を誘ってきます。ジャズは、あの黒人の魂の生活が響いてきます。等、それぞれの歌う人々の持っていててのそこでの歌の歌詞に含まれての流れる感情、情感から出て来ての持つ高音、低音、しぶみ音等が。十分に自由に発揮されての歌としてが、私達の心の情感を楽しませてくれます。

しかし、毎週月曜日の夜、”FOREST”男達、女達での高音での一辺倒の軍歌的に聞こえるようなロボットが唱っているような人達の歌であるように思う。演歌でも、童謡でもそのほかのものでも私には、心を揺さぶる事はなかった。唯一つ合致出来たのは””軍歌”であった。多くの年配者は涙をハンカチで目頭を拭っていたのを映されてはいた。

感情の持てないロボットは人間としての何事の行為も無理であります。”泣いている赤ちゃんをロボットでは、情感の無い声で、顔の表現無い振る舞いでは、”泣きやませないでしょう!!。なぜか?ロボット化した人間がおりませんか?最近、、、。

==== ボイストレーナー:佐藤 善弘 ===

 

 

Filed under: TVの功罪 — yoshihiro 12:50 PM  Comments (0)

NHK 番組 朝10時”ええトコ”のロケ隊を観た。

たまたま、9月29日、近くの、岡幸 という農家、お年寄りと若夫婦達が野菜を販売しているところで、18時ころに光を当てての撮影であった。私も、大阪から来たという若い女性のスタッフに、「3月11日に起こった福島の大災害で今も苦しんでいるっ人達や、その時に多くの死人が出てがあり、天皇陛下も忘れず、日本人として記憶を消さないようにしてほしいというお言葉を覚えています。私は、営業車の後ろのガラスに2枚のポスターを張ってあのひどい災害を同胞である日本人自身がいつまでも忘れ去らないようにとの思いで京都市内でも走ってはいる。と、又、東京から来たという指揮者的なスリッパはいた青年でも何も関心を示さなかった。{NHKではねーーー?}とかのお言葉が返ってきたが。。。。。

撮影を見ていると、今まで見た事もない、岡幸さんとの手作りの食事を男女中年の、から大きい女性と俳優の男の場面であった。最後に、あの東京から来たスリッパの青年が「これは健康に良い、身体に良い!、と言ってください」と言っている。、、、、??これやらせじゃありませんか??私は、過去京都中小企業家同友会で広報部長5年ほど又、常任理事も体験した人間です。 この番組、薄っぺらい良心の薄い人間で構成された報道であると思った。その場を薄暗くなる時を直ぐに家路を急いだ。

TV報道、NHK報道、等はやっている人間その者の資性などで左右される。政治家も党であるという以前に、その本人の資性が大事なのでしょう!!>、私、相当前のブログにも書きました(一休和尚、ボロボロの袈裟をはおり葬儀場に行けば入れず、立派な袈裟で行けば=さーーどうーぞどうーぞ=と、通される。” とっ、このお話。京都は特に多くありますでしょう!。言うてる人間はそんなに大した人間でもないのに、ヤドカリの貝の如く、背負ってる貝は立派に見せてる。と言う事と一緒です。

世界の中の日本を勉強しましょう!!。っそんなんせんでも生きて行かれる――っ!!と言われる方は、日本を出て行くよ!との思いは無いでしょう?この問い?いかがされますかなーー??。

 

Filed under: TVの功罪 — yoshihiro 7:29 PM  Comments (0)

時代劇 ”江戸を斬る”BS6 18時 情愛庶民性消滅する。

いつもこの時間を楽しみにして、チャンネルを、歌手であった西郷輝彦の立ち裁き、台詞の上手な事、ほろりと、胸打つ大岡裁きの声と言いの一連の庶民の心の流れを、悪を絶滅してくれる胸のスーーットするTV上の一時間、途中で邪魔なCM 効くか効かんのか?保証も無い高い健康薬品に、がまんをしての視聴と成っている日本のTV製作者の事情。しかし、新年からは、堅苦しいガラッと変えた堅苦しいサムライ出演を主にした構成の時代劇だ。お茶の間へを考えてほしい。出られる方達が充実して、満足してのストーリーーでは、見ている家庭側では、ほっこりとしたあったか味は白ける。 あんなに役柄を変え、庶民の生活に入っての情愛を消しての放映はいかがなものかなー??と、腹が立つ。

山科に、インプラント専門と言う歯医者がある。そこは、可愛い魚を数種を水槽に飼っていて、待合室によく快く見る事が出来た。ソファーもあり、広く思う部屋であった。が、ある日から改装され壁も白白、と言う冷たい待合室となった。水槽は無い。心のゆったり性は、無くなった。  情愛を失った物は、今の今日に良く出くわす。センスのない人間。空気を読めない人間。ただただ、これやったらええのや!!。俺は、私は、これでええのや!!。 だけでの人生を進んでいる人間は、怖い。

Filed under: TVの功罪 — yoshihiro 7:50 PM  Comments (0)

TV 欽ちゃん&香取慎吾、第93回全日本仮装大賞を観て

毎回、これでもか!!、なんとよく考えて、一人での出演、家族でがんばっての出演、そら、小さいお子さんも一緒、グループで一緒で、などのいろいろな芸を汗かき、多人数一糸乱れずの芸。素人の人たちの、この一瞬に賭けた意気込みが観さしていただいている茶の間に熱く伝わってくる。

最優秀賞は、女性と子供達での””えだ豆”であったが、決定する前の演技はそんなに感動はない。それは、--。枝豆の格好で出てこられて、その豆の中を開くと顔を緑色に塗ったソラマメ色のお子さんが上から連なっての5人ほど?が出た。その豆の連なっての一番下のかわいい顔みどり塗りの子供の様相は、頭がさかさまである。-早い事、ちゃんと紐をほどいて頭を上にしてあげんと、頭に血があ

がってきてえらいことになるでーー、と私と妻は、ワイワイ言うていたけれど、あちらには、聞こえない。 へ――気な顔をして若い司会者のマイクはボーっと立っている出演者の女性に向けての時間取り、をしている。又、豆の上に正常での緑色塗りのお子さんにもまだ、マイクを向けて、「楽しいでしたか?とかの話しをしておる。、、、、なんで、こんなことの思いい心の察しできへんのやー???、又、横におる大人も、「頭さかさまになっている一番下の子、早いとこ直せんとあかんで―!!。」の事、言えへんのかいなーー、ボケてんのかーー!!。と思った。

又、”頭がい骨でスポーツ”はファンタジー賞であった。二人の子供審査委員が、ほかの大人の想いの心とは歴然と違いのあっての、これは本当に真ともだのしっかりとしたことを言った。ランプをつけなかった。その答えは、「頭蓋骨の頭が離れ、動き回る、身体の骨がバラバラとなっての動き、そのようなことは、面白くもなく、むしろ怪しく、怖いという物しかなかった。」ト言う弁であり、滔々としたちいさい体の子供と見えるが立派であった。 ”ファンタジー”とは=もっと、メルヘンの夢の中での物ではないか?骸骨が、頭蓋骨が怪しげな音楽を音をバックに黒衣の男が白色の骨を持って右往左往している芸?!。=これが、”ファンタジー賞に値するのかー?”、、、今回の大人審査員達には、????でありんす。そして、なぜ?あの、”ランプの精” なぜ?賞には入れなかったのか?。 グロテスクを好きだのバカな大人が増え、清純ある心を失っての芸能界にも成ってきているのだろううか!!?。

最近、我が京都市伏見区から出たわかぞうが市長選の夜に、バカ女を馬鹿男が神聖なHomeで不倫をしよった。冷たい顔をしておる。ひとか目のきりっと見える顔相、この様な、日本では”いけ面”ト言っている。日本では受ける男ではと言っているらしい。、と只、マスコミは書いている。世界では???である。二度と政界には参加するな!!。奥様に今後、一途に奉公する時で、生涯を全うするのである。

 

 

Filed under: TVの功罪 — yoshihiro 1:36 PM  Comments (0)

TV の 功罪、その1

  朝のテレビは、6を視聴する、女子アナでキンキン音を出して”大阪の女やなーと”思わす一人と、音声のいい男アナウンサーとの仲良し的な掛け合いは、キンキン音を直せば一流な番組になるように思う。音の具合で嫌になって、やかましい感になって1にすると、声音というか、音声というか耳から受ける物の、役者の品性違うものを感じる。まー、そんなことで、朝の食事をしながら1での“魅惑の南房総”タイトルを視聴をする。確かに、海の広々した感を私たちに伝えてくれて心地よい。学生たちが「昨年は、海が荒れて ひじき が取れなかった」と言っている。「2000キログラム取りたi。」昨年は1200キログラム取れ、結果的には1600キログラム今年は取れていた。また来年も,

とるためには、根底に刈り取らず取るようにするコツを参加した顔の柔らかい青年タレントに、ある学生は鎌を手に取り教えてやっていた。(私も、創衛プロダクションでのシニアのタレントとなって5年ほどになりTVCM6本出演さしてもらっている。氏衛社長さんはバリ島でも大変有名な方で、優しい立派な方です。私は気が合います。)。そうこうしているうちの時、ひじきをとっている間に、とっても、小さなかわいい3mmくらいほどの赤ちゃんタコを捕まえて、ウロウロと手のひらあたりを動いていた。誰が言ったのか、もう今、記憶にない。””食べよう””そのタレントも一緒に来た女子アナもそのかわいい赤ちゃんタコを頭からカジッタ、学生もカジッタ。私はこの光景を見て、””頭にきた””。。。そっと、大海に、“元気でなーー”と言って帰してやるンと違うのかい!!と思おたんだが、スタジオで座ってその光景を見ていた誰もが”言わず、聞かず、見てらず”、の、あの三匹サル達のカタマリたちの一団である。私は、4月29日にTVCMの収録撮りに九条にある本社まで行ってきました。サンTV さん、?で6月のうちに流れますでしょう。

カメラのレンズに心をこめて、子供たちと共に、楽しく時を過ごしました。あの海とは違いある偽造的、偽善的な時作りな番組。何も、自らの心の一声さえ、言うことを怖がっている男女アナウンサーと。顔をニヤニヤすることにレンズの前で神経をトンがらしのお仕事をしての出演者たち。エコ と喋っての一瞬のサイダーやビールの泡のようなTV番組。何か倫理の不在、倫理を蔑ろの流れの参加人達の番組。何か中国の2.5PMに心の空気もならぬように。。。。。。。。

Filed under: TVの功罪 — yoshihiro 6:51 PM  Comments (0)
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031