平気で嘘をつくやから達でっせーー?!!!。

この時にも、毎日に、掲題のやから達が、平気なまともな顔をして活きている。この現象が今の世の中でっせ!。との事<<<

先日、天台宗比叡山延暦寺、最近、悪評では大僧正が、女の子に手を出したとかでマスコミ沸騰したお寺、織田信長の怒りに触れて総焼きなどをされた寺。また、世界宗教サミットをも素晴らしい事もしている”霊験ありがたい”とされている寺。に妻と行った。

京阪電車で、坂本駅着昼ごろ、本家鶴喜そばで食する。きつねそばにした。なかなかでてこない。やっと来た。きざみおあげとあったが、太い切りであった。そして、「国道一号線の南、王将にあるところの横にある店も同じですね?ト言うと、「あそことは同じ名前ですけど関係ありません!。」ト言った。何のことかさっぱり理解できませんでした。近くの坂本の案内所で、ケーブル乗り場を聴く、愛想のいいおねーさんが答える。「アー直ぐそこで、すぐ着きますよ!。途中、竹林院、絶対いかれたらよろしいですよ!」それを聴いて、ケーブル坂本駅を目指す。直ぐに着くどころか太陽ガンガン照、田舎の人の、”すぐ”は偉い違った。根本中堂をめざして延暦寺駅に10分程で着。丸い太った駅員に、あちらの比叡山頂駅からロープとケーブル乗って八瀬駅にいくとなるとどうですか?と尋ねる。山に登りまた帰ってくる無駄などでそう思ったのです。が、彼は、「このケーブルのほうが早く良い!、あっちの方は八瀬駅に着いたとしてもバスも時間どうり来ないし、とにかくあ―夜遅―帰る事に為る。と、マクシタテル。」私は、「八瀬駅に着いても、地下鉄での京阪電車もあるし、山頂からでは、シャトルも時間どうり走っているでしょう?」と反論すると黙って背を向け駅員室に入って行った。ケーブル往復券をキャンセルした。ーよっぽどこのケーブルに又乗ってほしかったのでしょうか??。~?。根本中堂は、ただ今改修中であったが入った中は暗く柱は太くあるんだな―と見えただけ。身体の強いもでないと階段も、又山を歩き続けるなど、拝めの行は、無理である。

GW 記念フェア、午前9時~午後8時まで、・ドリンク無料サービス、・ご来場でクオカード1,000円分進呈 おかげさまで10万棟。行ってみた。多くの人はきていた。何か社員は二人でやっているよう?。アンケートに生年月日とか書く、女子社員が書いているときには背中斜め後ろに立っているので、「そんなとこに立って見ているような感じはかなんしどこかへ行ってくれ」と言う。その後、何も応対は無い。妻は、「せっかくやし見て来るわ」といったが、こんなとこはあかん!!、と思ったので、お茶のひとつも出ない!。この館をでた。

==すばらしーー、努力の人、イチローが、これから、野球場でのplayが、出来なくなった==  の、TV報道で球団のアメリカ役員の一人もつかず、話をしている。未だ、3分の1の試合経験もせず、”若い者が出て来たから”との事、私だったら、球場でのPlay出来ないのなら、so long するでしょう!>この変化の指令は、!嘘 のこと と違いますか??>>。奥様は、目を充血されていたそうです。

 

 

 

 

 

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 4:20 PM  Comments (0)

真言宗 大覚寺の”観月の夕べ” にて感ずる。

10月4日5日とまんまるいお月さまを主体で月夜の催し物として、開かれた。入場料¥600.-食べ物の店は、昨年と同様に何店か出た。4日は満月が出て池に映る姿が美しい。今年はお寺の中へは入れなくて残念である。TVでの時代劇では貴重な襖絵の近くでドタバタの切り合のシーンもあったのですが?なぜ?今回は拝観出来ないんですかね――?。

ただただ赤い毛氈のひいてある所に串団子2本¥200-を買って二人で月を見ての何と味気ないお寺のお招きであった。5日は曇りで行っていないが月は出ていなかった。自然と共にでの主体(お月さん)不在では事はできません。和尚の解からない太い声量が響く。池を回る屋形舟に乗ろうとの人の列が目立つ。

大覚寺のバス停留場にあった大きな桜の木、美しく咲いていたこれら何本かの木はバッサリと根からはぎ取られてなにやら人間達の名前を彫っての石柱がズーット立っている。墓場にバス停があるようである。変った。味気ない。一本何百万円するでしょう!!?。自然の美しさ!桜の大木は??五月の花木等の木々の美しさの美は?、もう帰って来ないのでしょうか?この石柱連はこのお寺のいけ花嵯峨御流創流1200年記念の記碑であるようだ。?。。。。。浄土真宗あり、浄土宗あり、臨済宗(禅寺)あり、曹同宗あり(永平寺での修業厳しい和尚さん)、天台宗など、いろいろな宗派が入り混じって国土も支配している。税金は存在しない。庶民と共に生きて行かんと!。お金と共にでは?大きな声でお経として唱えていますね。=摩謌般若波羅蜜多心経=と。。。。。。。

 

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 11:29 PM  Comments (0)

 久しぶりの焼き肉会は、心不満焼きになった。

本当に、”行こう、行こう!。”と妻と言っていた焼き肉食べの機会が出来たので、2年前にも行って、美味しかったな―との食感が何所か脳裏のどこかに残っていたからだろう。日曜日の朝は、適当に食事を終えて2時頃の昼食にしようという事にして、四条河原町にある”焼き肉や”を目指して91番の市バスに乗って四条烏丸終点で降り、そこから地下をひたすらに歩き行くが、大丸近辺では地下の冷房は効いてはいたが、藤井大丸近辺に近寄ってくると息苦しく熱いという環境を覚えて来たので、ふっと観た1階への出口があったので太陽ある、すがすがしい風の吹く歩行通路に出た。だいたいの感を頼りに、看板目立たない焼き肉やにたどり着く。

2階にエレベーターで行く。安い1500円の、”切り落としランチ”二人頼む。カタログでは赤身のある美味しそうに載っていた。いろいろの肉が入っているとの事であった。持ってきた皿の上では白身、脂身の目立つものであった。私は、「カタログと違うねー」というと、顔色も何も変えず店員は「それは切り落としでいろいろな肉の端を切っているからですよ!。」 と言われ、私は黙った。

脂身を食べに来て、店の出すカタログのメニューのカラ―写真に騙された。食事を終り、席を立ちエレベーター前に行こうとしたときに、店員は:「あのーまだデザートあります。」と言いに来た(店員は、

カタログに載っていませんがデザートは出ます、と言ったので)、、、ので、また席に戻った。この様な事は一言も耳にしなかったしカタログにも表記してない。少しの果物でも来るのだろうだろうなと思い待っていると2センチぐらい四角に切った解からないケーキと緑茶であった。私は食べなかった。妻は甘い物が好きなので2皿召し上がった。

肉が焦げるので困る。煙は出る。設備の改善したほうがいいでしょう!。ZAIGLE と言う物的な、設備にすれば肉も煙出ず、焦げず、又、ボウット炎が出ての危険性も無く、向こうのお客様では何回も網の取り換えをお客さんの目の前で入れ替えしているまずらわしい仕事も無くなるし、うまい美味しい食事ができますよ―!!。。。と、思いますが!!?。。。。。

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 4:48 PM  Comments (0)

欲張りな 孫を観た。

竹の郷温泉に妻と行った。入浴後広い座敷であがってくる妻を待っている間、老夫婦と6歳ぐらいの男の子と女の子が私の横のテーブル席に座りに来た。(私は、2年前からイク太郎と言う人形と腹話術をしそして、多少のマジックと合わせて、ボランテイアで昨年は株)ニチイの施設で、亀岡園でなど、もちろん地元北嵯峨地蔵盆の子供の会でもとかの経験ありで、)丁度見せる機会が生まれたので何時ものようにマジックの中での輪ゴム移動を魅せたり、コインの空中移動と言う芸などを魅せた。横の御爺さんは「ホーと言ってニタニタとしてくれた。」孫と言う子の顔は無表情で、なにしているの?と私に感じさせた。??。そして、その後、、、

食事を呼ばれて取りに行ってテーブルに御爺さんおばーさん、孫達の食事は揃った。先程待ち呆れたそうなことで、不機嫌な顔をしていた女の子も機嫌の良い顔と成っている。男の子は焼き飯とラーメンを自分の前に並べている。子供でもよく食うもんだな―!、と感じた。御爺さんはキャベツ野菜に肉の入ったのとご飯一膳であった。ここで、見ていると、男の孫は自分のものには箸をつけず、スーーット御爺さんのお皿の中の余り少ない大きな肉をガサーtット箸で鷲つかみに取り、口に頬張り食べた。御爺さんのお皿は寂しい姿となった。顔の表情を変えない御爺さん?。また箸をのばしおばーさんのお皿の唐揚げを一つかみ、口に頬張って食べる。その後に自分の焼き飯と、ラーメンを食べ始めての行為と姿を私の前でしてくれた。

家庭での、躾がなって無い!!>私だったら、「自分のものを先に食べなさい―!!怒り!!」と成るところであります。 このままの欲どおしい事をほおって置くと10年もたてば、そのままの姿で貴重なものでも喰いちぎりされるだろー??と嫌な予感がよぎった。将来の身分は非常に不安定です。。。同じように::::::::以下に、、、

地方議員は年金が無いので、議員に為り手が無くなってきている。又、一生懸命に頑張っているーかわいそううだ!。と京都N参議員は言っている。税金を使ってやってあげてーーよ!。と、温泉の中での湯の気の事のように思う。庶民は、今、現在、6人に一人の子供は食事に困っている。年金のない職人の人達、老人達、母子家庭母親一人やっとやっとの子育ての月4万円もあればあれば良いほうが、ウジャウジャその日の生活に大変な日本人達がいます。議員さん達あなた達はきれいな背広などを着服し100何10万円と言う/月報酬という。で、生活をされておられるじゃありませんか!!。基本的に、議員活動と言う物は、””公的VOLUNTEER(志願者、自発的に申し出る)と言う事であり、海外では、自分の仕事を持ち、報酬少なくの金まみれない根性のある心意気で議員活動は出来るのですよ!。-最近も、まず金、金、金、と思う心と””公僕””を消し去っているバカが増えてきていますね!。口先だけで一つの法案も作れず、勉強せず、私は、カクカクこれをやりました。と、聞く事のない政治家も増えましたね!?。原子炉事故起これば?とか、議員として考えた事あります―?=その場の口先で=>>>>>>>>。

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 11:23 PM  Comments (0)

高齢化の弱体進む苦しみの弱点を喰いちぎる心無き人達。

なにか?このごろは、人の顔を被った動物化した日本人が増えたように思う。警察官が殺す。母と言う名の人間と言う動物が我が子をその父も無表情で殺す。金がないから?。心の貧しさから。弱者だから、強権で横暴な暴力を、または、目には直ぐには見えない陰湿に相手に苦しむような事をして、それも”私何もしてませんよ―とのふりをしてする行為!。多重的にスマホ的無言での突然の行為のビックリポンの品格欠如人の振る舞いのオンパレード、ちんどん屋まがいの人というのが走り回っている今日である。

今日も、頭にきた事一つあります。エミナスというホテル横に温泉がある。入浴しても体を洗う時のお湯の出も良くなく、何ヶ月たっても改善しない。お客さんからいろいろの文句があると番台の受付の人も大困り!!。このホテル、株式会社エムアンドエムサービス、三井松島グループに属している。インターネットでは、●ホテルのオーナーの皆様へーー では、ホテル公共の宿 保養所 ゲストハウスの運営はエムアンドエムサービスにお任せください。~~。と言ってる。””施設管理会社””である。。そこの横には、従業員にこにこの男女の顔カラ―写真で””私たちは感謝の笑顔とまごころサービスで心に残る感動を創造することを使命とします。””と歯の浮くような文体と成っている。

本題での言いたいこととは、車を降り、温泉までは通路約50M 幅約10mでは、片側にはソファーがおいてあった。お年寄りでも、足の不自由な方でも、などには、途中の一休みには助かるところです。まー、何と心ある気を使ってのことだな―と感謝をしていました。其のソファーが全部なくなっていました。早速、フロントに行って「ちょっとすみません!」と言っても声が耳に、はいらない若い男女のフロント職員二人。やっと気がつき{なんですか?}で、 「何で、あそこのソファー無くしたんですか?」その答え、そっけなくー{会社の方針ですので!!。}と言うだけ。

会社の電話番号を教えてもらうように要請した。早速、インターネットでのコピー刷りを手渡してくれたので、直ぐに電話をしたが、話が通じないので、部長を呼べ、話をしたいと言って話をした。彼も、知らなかった。事情を把握して、あの広い通路での安楽できるソファーを撤去したのか?の理由を明日電話して来いと依頼をして切った。市バスの停留所でも小さい長椅子は置いてある。”””何年前での京都コンサートホール1階で長椅子が置いて無い”””での件では、市民よりいろいろと文句ありで20年間無関心であったのをいろいろな方のお力で出来た。不思議と1週間ほどで電話を受け、「やります。足の不自由な方には車椅子も用意しておきます。」とは?その時、私{予算はそんなにすぐ取れたん??」といったが、確かな答えは無かったです。??。

とにかくも、弱者は、一人で苦しまず、声を大きく出して、一人のあなたの周りには知恵を働かすと、弱者の老人であっても100人の応援者がいますよー!と言われています。身体の弱体化が進むのは、自然。でも、心は、何時までも若くできます。あなたの心の使いようで、思いようで!!。10代になった気持ちで

20代になったきもちで魂を燃やすのです!。ふつふつと!。”一生は一度”、がんばりましょう!!!。     対ー心なき人には屈するな!!!。

 

 

 

Filed under: 在る出来事,悪癖と悪風の群衆 — yoshihiro 8:41 PM  Comments (0)

SKY に 行った。

昨年と同様に、「年寄りの会などが」集まっての、演技とかいろいろの、会員達のブースでの、発表会が催しされている。なぜか、はりきって開催10時前に妻と行った。オープニングセレモニーが始まり、京都府の山田知事があいさつしていた。いつものとうりの、その場にあった話だ。「これからはシニアーの時代です。」と言う事だ。子分の参列のように、府会議員等が、黒い服、ピンクの服が立っていた。「おはようございます」と各位集まりの民衆にペコッと一礼してのあいさつで終わる。ドアーが開く、吹奏楽隊の音と共に、アナウンサーは、知事はじめに、入室を促す。その後を、税金を出し、彼らを養っている府民達、市民達でもある者たちがぞろぞろと続く。「では、御一緒に入館どうぞしてください。」と言うべだろう。また、中では、”熊本での地震での復興災害を応援の為の店のブースが、設けられている。少し遅くなって、寄ってみた、馬肉の商品500円と、ごまふりかけを買った。売り上げの金銭は総べて、復興熊本に行くそうだ。そして、、、「ここに、誰か、議員さん来た??」と、一生懸命頑張っている、お店で背中に、赤ちゃんを背負っている女性や、横に、太い身体の女性(お客さんの引き込をしていた)に問うと、ちょっとの顔をして、「いいえ誰も見えてません」との返事が返ってきた。」政治家である知事、議員の一人も、っこの日本で起こっている苦労している熊本の人の為にこのブースに足を運び、ごまふりかけの100えんでも買ってやれないのか?薄情な、京都の府会議員達である。  庶民よりも、おかしいんじゃないっ??と言われているぐらいの月給(彼らは、報酬と言っている。)を懐に入れている。マスコミ新聞でも、口先いいことばっかりの事言っていて、ええ加減な人ばっかりだ。また、早々と、8分位で退場したピンクを着た議員や丸顔の議員もいた。  今、府会議員と市会議員がいる。っこれは、二重行政でもあるんだ。行政項目でも重なる事もある事も二重行政という。そもそも、彼ら自身が一つに為っての(府会と市会議員制度を一つにする)事にされたらどうーですか?あなた達京都の盆地での生まれの頭でっかちの肉体労働を知らない議員人に、武士の如くの身を切るという振る舞い、できるでしょうか??。

私は、3時から腹話術の出演があります。2回目のイクタロウとの人形の出演ト成ります。制約時間が3分という結構短いです。ほかの二人も同様です。審査員と言う何か頼りなさそううな8人ぐらいの人。先程、フラ(ハワイのおどり)でも、にっこりとせず、ただただ、海中の昆布がゆられて群集で揺らめいてる如くのフラであっても、20点満点とした。そ反面、我々は、カーボーイの衣装をして馬に乗る衣装をしてのsさんもがんばったのに、紙切れ一枚のものである。{ようう頑張った!。マルマル理事長、}そ人の名前も知らんで――。}それに、一つの参加賞的タオルでも付けてくれたらええのに!!。とおもう。また、何所でそんなになるのかわからない。腹話術の嫌いなセンスのない審査員と言う人がいたのだろううとしか思われない。。これも。””ええ加減な人間にまどわされたのだ。””

観客員も昨年とは少ないようだ。夕方の大抽選会にも目にせず、子供連れの方たちも帰っている。ブースの場所も、官庁、商売人でない、人集まりと言う役所的頭だ。昨年どうりの一緒の枠組みだ。そして、私どものブースも金2000円の支払いされている。SKYと言う会に年会費を払って、ボランテア的に来る人に人形で活動をしているのに???。これも、京都の薄情的ふるまいであり、おかしい???。こんなことでは、寂れて行くでしょう。お公家の雰囲気ありでの、経済観念、思考等は払拭せんと、国際京都は無理だ。

なにか、今回は、行って、二人とも大変疲れた。帰ってから夕食をして、約1時間半ほどソファーで寝た模様だ。血管年齢を計れ、自分自身を知れた事だ。

 

 

 

 

 

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 9:24 AM  Comments (0)

国技 相撲 あの横綱相撲の白鵬関 で、勝てばよいのですか?

遠方から日本での相撲を修業され、今、”横綱”という最高の地位にいる。大鵬関を凌ぎの勝ち数もお持ちである。土俵の上では、時々、横綱ともいえない”猫だまし”の手”とかをされる。本日の栃煌山では、右の肘で顔面をぶっつけての、解説者は、「厳しいですね―!」トは言っていたが、ここは、モンゴル相撲をする場所ではない。最近見ていると、昔ほどの体力ではなくなってきているのだろう!。あれだけの肘鉄トいう技をかけたら、鼻血は出ますよ!。”””肘のかち上げ、かち当ては、止めなさいということ出来ませんかねー。?大きな怪我が起こると思います。”””国技、日本の相撲とは言えないのだ。

横綱相撲としては、過去双葉山、鏡山、若乃花などの多くの横綱関は日本相撲をお金を払ってのお客様に、がっぷりの相撲をやってくれた。下の関取に横綱は、サーどこからでも来なさいと”胸を貸す”という器量はあった。”何でも勝ったらエエノヤー”と思わせるような ”せこい事”は、おやめになったらどうですか?

基本的には、国技 と言うのですから、日本人だけでの相撲をしておけばいいのではないだろうか??と、思う。部屋の親方が、野球の如くの”補強”ということで、下半身弱い外人を相撲人にしてあげた。ここから日本の国技相撲は、迷動での現在に至るのである。体の小さい関取りも一生懸命やる姿が、限られた丸の中での土俵と言う場所で技を持って倒す、一生懸命にやるなどの時、そこに、一瞬の技ある相撲美と感動が心を響かせてくれる。

縦社会の裸の相撲という世界。健康にはくれぐれに大事にしてください。

 

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 7:20 PM  Comments (0)

にこにこ笑顔で、なにをしても にこにこ笑顔

うす暗い夕方の一時、高槻からの友人Kからの電話をとった。「今、四条烏丸に来ているんだ!。」声のはずんだ響きは、私の少しボケたような耳の神経に軽やかな音として到達する。「よーし、わかった!今から市バスで1時間ほどで行くし、近くの大丸の中に入っていて時間つぶしてくれるかな―?」 「よっし、そうする。」中信の本店の西側にある安コーヒー店(チエーンテン)は、K氏にとっても彼の阪急線にも近く、私にとっても市バスの停留所にも近くトいう事でそこに決めた。いつものところは、”ドトールコーヒー店”、大丸から少し東側歩く所だ。対面的に接客をし、コーヒー―もうまい所なのだが。。。まずここ、白い色で統一した椅子席と、女性店員達の飲み物等を出すときの高い上から目線、お客様は下から目線を上げるという嫌な場所成っている所なのだが。。「アメリカンとレギュラー一つずつ」と依頼する。聞こえなかったのか 「なんでしたか?」と、にこにこ笑顔で又聞きに来る、にこにこ笑顔で。素直に、もう一度同じことを言うと「アメリカンとレギュラーでいいんですねー!と言う。そばに立っているベテランそうな女性店員が、私の難しい顔を察時知ったのか、「この子昨日、入って来たばかりなんです」と、言った。にこにこ笑顔して、カップが出てきた。どちらがアメリカンか解からないので、「どっちがアメリカン?」と、ベテランに聞く:台形タイプ小さいコップのほうだという、そして、「先程、お湯を入れて作りましたから間違いないです」という。ドトールコーヒー店では、カップの大きさも違うし。。。この店、量も無いし。。。と思った。二人分千円をだす。お釣りは、明細シートと400円が手のひらに乗った。????おつりは、480円と明細シートは載っている???が「これおかしいで?、80円たらんで―」と、言うと、にこにこ笑顔で新人は、ス――っと80円を出して其の後もにこにこ笑顔をしてただ立っておる。なにかがおかしい!!。ーーどうもすいません!!という一言言葉が無い。若い最近入社の女子は礼節、礼儀とかは欠如して、ただただ”にこにこ笑顔で、ええんや!との心でお金をもらえるのやと思っているのかーー。

水を入れる紙コップもドトールコーヒー店より、すごく小さいし、¥260は高いドトールは¥220で飲める。。トイレも何か旧式的で、触るところも不潔的である。女店員たちは、目玉クリっとの見える化粧はうまくやっている。まずは、経営者の心が濁っているのだろう―と思う。こんな商売をしていたらいつかはつぶれるだろう!!!。と思う。

 

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 4:59 PM  Comments (0)

シニア シルバー 老人が ひっくり返った

今日は猛暑の5月19日昼前時、四条カド野大路東入るの京都銀行前の通路で、色白の薄毛の小柄の老人が、後頭部を打つという事故があった。丁度横断歩道を渡りきったところで、おばさん、女の人が、身体を抱えていた。老人男は、立とうとしていたが立てないようだ。彼女たちでの介護をしているので、大丈夫だと思い、ATMで通帳の処理をして外に出ると、二輪を歩道に置き、若者一人が、通路に座っている老人を、ささえている。私は、咄嗟にこれは??ト思い近寄り、「だいじょうぶ?」と、声をかけた。太陽のきつい照りが容赦なく照らす。若者は、スマホを持って、「ここはどこですかねー?」と、私に尋ねる。場所を言う。スマホに入れている。「早く救急車を早く呼ばなあかんで―、119入れてしいなー」との私の一括の声に従い119を押し、わたしの先程の言うた場所を喋っている。間もなく早いもので、3分ほどで、サイレンを鳴らしてきた。 緊急の時の、するべきやるべき動作!。なにか?だらけている。”救急消防隊の一員をしている”とも言っていた男.   先ほど京銀内では茶髪の若者と一緒にソファーに座り、短い脚を伸ばして座っていた女の子の足その前を通過するのに引っ掛かりそうなので、私は、其の態度悪い其の足を「じゃまやー」と言って下げてもらうように、蹴りました。何も茶髪の男も女の子も無言であった。。。。 シニアだ、シルバーだと、英語で呼ばれている日本の高齢者たち。そして今、超高齢者とも、呼ばれて、言いだされた男、女、ある病の一つもを身心に持っていて生活をしている。お金の事も不安を抱えての残りの人生を生きているのだ。

その時、頭をよぎるのは、国会議員では、100万円交付されて、領収書は要りません!!。と、島根県の出の石破とかいうバカが提案したそうだ。私ども、庶民は、国会議員でも庶民だろう!!。なにか?峨狂っている。共産党でも???と発言しない。国民の税金ではないか!!?。USAでは、トランプさんが若者の支持を得ているようだ。政治屋での頭では、どうも!!”今の世間での”  ”生活現場を本当に理解できていない国会と成っているのであろ!!と思う。お金を思っての行政魂に為っている。寺の高僧も、ブクブク太りしている。倫理は、消えつつあるように思う。

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 1:55 PM  Comments (0)

  とらふぐ弱小一貫を提供した”くら寿司”の経営魂胆

今日は、天候好し、午後3時頃、お客様との話も終り、昼飯はまだ終わっていない。丁度の頃、外大前の、くら寿司が見えた。”少しおなかでも膨らまそう!”。との決意で、立ち寄る。駐車場の車は、まばらだ、3時頃過ぎともなれば、もうお客はほとんどおらないのは、当たり前である。顔の良さそうな女子が着席券を手渡してくれた(私が、カウンター席は、”嫌だ”と言ったから)。ナンバー31:受付カウンターから5歩程の所丁度、トイレのドア―の前であった。私は、”こんな席嫌です!!。”と感情を含めた大きな声で拒絶をした。中から、「どうなされたのですか?」と寿司を握っていたであろう職人兄さんが出てきたので、これの事を云った。直ぐに着席券を変えてくれ、17番の中ほどの席に座れた。

目的の、今、くら寿司では、ふぐ寿司キャンペーンをしていると京都新聞に載っていたので、まず、”とらふぐ一貫をポンポンと画面を押して注文する。しばらくして、ス―――と運ばれてくる。ピ――Pィーーと来たことを知らせてくれる。2皿分と相成り¥200.-である。、取り出して、びっくり??!!””。  新聞上のとらふぐ寿司の紹介は、其の時虫眼鏡で見ていたのか??との錯覚を起こすくらいでとはの、とらふぐの皮のかぶせては乗ってはおらず、小さい小さい”とらふぐ” ト言うより、子猫ふぐの赤ちゃんのふりをしている。その辺にウロウロしている女の子を手で呼び、「これどう思う?!!。小さいなー?。、、、、店員女子「ほんとうですね!。小さすぎますねー!」と同情をしてくれた。ここで、一人くらいのお客でのうなりのパフォーマンスしても、仕方ないと思ったので、この、弱小、縮小で手握り仕立て上げられた ”とらふぐ一貫”と言う物を大人しく口に収めた。。

多くの人がわからないのであれば、1プラス1は、2で無くても、其の時通れば、時が過ぎ去れば、頭を下げておれば、どのような世間の風が吹こううが”大丈夫”トのいやしい心のおっさんおにいさん、が大なってきているように思います。ーーー私、一人くらいの客、天下の、くら寿司は、潰れへんでとーーーとも思おているのでしょう!!。

 

 

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 6:46 PM  Comments (0)
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031