悪い風評ある”英会話教室”の現況を問う!!。

駅前留学、実際の海外留学の経験の無き英会話先生が、”京都検定1級合格”という、肩書を持って、公の団体関連で、例えば、SKY などの部屋を借りて五輪近しという事でもないが、ちゃんと教えているのだろうか?、外国人さん達との英語での少しばかりでもの英会話できる事を望み、勉学している多くの市民の現状はあります。

しかし、その教えている先生と言うのは、海外留学をしていない人に、英会話面接をされて合格を貰っている、と聞いた。---???。教室での教えている内容の一部分を、ここに、公表しよう!!。先生:How are you?    生徒答え:I’m fine thank you!and you 、この答えの教えは、間違っています。私も26歳の時にN.Yに1年間の留学の経験はあります。そして、帰国者や、外国からの留学生は言います。「そんな会話使っていませんよ」””I’m Good”ですよ、です。

発音ンもnative english でもない、出来ていない。この様な、ええ加減な人びとの構成での、”教師、講師”とかに貴重な時間を費やして、また、間違った言葉を教えられて、高い授業料を払う人達の存在が要るとしたら、大変に御気の毒であります。今は、小さな器機が、素晴らしい発音も聞けますのが、販売してますよ!、手頃な値段で、。自らの努力なくして言葉は自分のもにはなりません。大事なシニア時代の人にも、海にお金をほかすうなことはよしてくださいね!!!>。

 

 

           

 

Filed under: 未分類 — yoshihiro 4:54 PM  Comments (0)

未成年達の叫びを良心ある大人達の理解心あるか?

未だに、あのスポーツ協会関連で、選手達、子供達への、脅迫的な言動と一部の役員達にひっついている大人達、役員達によっての、暗躍した行動の圧力が、楽しく、演技できない、阻害を作りしている。日本伝統ある柔道からの事件にしても、、、!。今、世界的な体操界にまでに至ってるのか!!?。日本のスポーツ精神を”協会””で、長年、苔の如く営々と役員給料を取っている人物達が存在している事が、清らかな流れに汚物と化して座しているからだ。

一つ?、この事をFACEBOOKで、文章化して、クリックしたが、何故か?、全部の文章は消滅した?--私の間違った操作誤差では無いと思う!が? 今後に、調査をかけようと思います。

 

 

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 12:24 PM  Comments (0)

TV からの音声は心を教育して行く。

人々の生活は、いつでも耳から目からそして臭覚からでも、毎日の行動と共に、赤ちゃんが、いつの間にか喋るようになったり、歩いたり、好きだ!、嫌だ!、等の事が出来てしまったりする。

本当に、生活の中での”無駄な音”の現象。嫌な音の現象。は存在する、明治時代から、僅か150年しか経過してる現在、長生きしている人80歳の二人分であるだけの事なのです。この様な中での今!!、ちょんまげの江戸の末期から僅か、150年で、人は、スマホとか、アプリとかガラ系での通信をしての電気、電子関係の変革の生活ト成っている。

政治体制と生活実態も、変革した。”男女平等”。(YOUTUBEでのクリックで、”佐藤オフィス”クリックで、腹話術演技を公開して喋ってはいます。)そして、今、一番心配なのは戦争への誘惑が茶の間にTV番組の中にあるように思います。

唄の番組、演歌は日本人の心の涙を誘ってきます。ジャズは、あの黒人の魂の生活が響いてきます。等、それぞれの歌う人々の持っていててのそこでの歌の歌詞に含まれての流れる感情、情感から出て来ての持つ高音、低音、しぶみ音等が。十分に自由に発揮されての歌としてが、私達の心の情感を楽しませてくれます。

しかし、毎週月曜日の夜、”FOREST”男達、女達での高音での一辺倒の軍歌的に聞こえるようなロボットが唱っているような人達の歌であるように思う。演歌でも、童謡でもそのほかのものでも私には、心を揺さぶる事はなかった。唯一つ合致出来たのは””軍歌”であった。多くの年配者は涙をハンカチで目頭を拭っていたのを映されてはいた。

感情の持てないロボットは人間としての何事の行為も無理であります。”泣いている赤ちゃんをロボットでは、情感の無い声で、顔の表現無い振る舞いでは、”泣きやませないでしょう!!。なぜか?ロボット化した人間がおりませんか?最近、、、。

==== ボイストレーナー:佐藤 善弘 ===

 

 

Filed under: TVの功罪 — yoshihiro 12:50 PM  Comments (0)

サッカーポーランド戦、後半8分の武将頭の心意気の分かれ道を想う!!。

戦場での戦況を判断しての決断は常に、武将頭の戦う意志の上での菜配が時を決する。

”スポーツ”と称しての試合を平和な現代では、勝ち負けのみを競って入るが、昔、関ヶ原の一戦があった。、多くの、人間達が土の上で死を覚悟で合いまみれて混戦を時の秤の無い殺戮で血を流した日本史上が、あった。当時の小早川ト言う武将頭は、反逆をして山上から自軍の横っ腹に攻め入れ、西軍は敗退した。一方同軍の島津という武将頭は、”的は家康”といって家康本陣一筋、に駆け迫った。この両者の後世歴史では、「「家康は島津を恐れ、褒め称えていた」」、との物語りは評価していました。

”勝てば官軍 負ければ賊軍”との卑しい言葉の無責任な言葉を吐く人もいる。酒を飲みしての応援!>ワーワーと日ごろの吐け口を吐く男と女達。現地までも行っての応援をしている人達も存在している。えええ加減な人達のいる間で、キラリと一光の存在を願う。

 

Filed under: 未分類 — yoshihiro 11:25 AM  Comments (0)

平気で嘘をつくやから達でっせーー?!!!。

この時にも、毎日に、掲題のやから達が、平気なまともな顔をして活きている。この現象が今の世の中でっせ!。との事<<<

先日、天台宗比叡山延暦寺、最近、悪評では大僧正が、女の子に手を出したとかでマスコミ沸騰したお寺、織田信長の怒りに触れて総焼きなどをされた寺。また、世界宗教サミットをも素晴らしい事もしている”霊験ありがたい”とされている寺。に妻と行った。

京阪電車で、坂本駅着昼ごろ、本家鶴喜そばで食する。きつねそばにした。なかなかでてこない。やっと来た。きざみおあげとあったが、太い切りであった。そして、「国道一号線の南、王将にあるところの横にある店も同じですね?ト言うと、「あそことは同じ名前ですけど関係ありません!。」ト言った。何のことかさっぱり理解できませんでした。近くの坂本の案内所で、ケーブル乗り場を聴く、愛想のいいおねーさんが答える。「アー直ぐそこで、すぐ着きますよ!。途中、竹林院、絶対いかれたらよろしいですよ!」それを聴いて、ケーブル坂本駅を目指す。直ぐに着くどころか太陽ガンガン照、田舎の人の、”すぐ”は偉い違った。根本中堂をめざして延暦寺駅に10分程で着。丸い太った駅員に、あちらの比叡山頂駅からロープとケーブル乗って八瀬駅にいくとなるとどうですか?と尋ねる。山に登りまた帰ってくる無駄などでそう思ったのです。が、彼は、「このケーブルのほうが早く良い!、あっちの方は八瀬駅に着いたとしてもバスも時間どうり来ないし、とにかくあ―夜遅―帰る事に為る。と、マクシタテル。」私は、「八瀬駅に着いても、地下鉄での京阪電車もあるし、山頂からでは、シャトルも時間どうり走っているでしょう?」と反論すると黙って背を向け駅員室に入って行った。ケーブル往復券をキャンセルした。ーよっぽどこのケーブルに又乗ってほしかったのでしょうか??。~?。根本中堂は、ただ今改修中であったが入った中は暗く柱は太くあるんだな―と見えただけ。身体の強いもでないと階段も、又山を歩き続けるなど、拝めの行は、無理である。

GW 記念フェア、午前9時~午後8時まで、・ドリンク無料サービス、・ご来場でクオカード1,000円分進呈 おかげさまで10万棟。行ってみた。多くの人はきていた。何か社員は二人でやっているよう?。アンケートに生年月日とか書く、女子社員が書いているときには背中斜め後ろに立っているので、「そんなとこに立って見ているような感じはかなんしどこかへ行ってくれ」と言う。その後、何も応対は無い。妻は、「せっかくやし見て来るわ」といったが、こんなとこはあかん!!、と思ったので、お茶のひとつも出ない!。この館をでた。

==すばらしーー、努力の人、イチローが、これから、野球場でのplayが、出来なくなった==  の、TV報道で球団のアメリカ役員の一人もつかず、話をしている。未だ、3分の1の試合経験もせず、”若い者が出て来たから”との事、私だったら、球場でのPlay出来ないのなら、so long するでしょう!>この変化の指令は、!嘘 のこと と違いますか??>>。奥様は、目を充血されていたそうです。

 

 

 

 

 

Filed under: 在る出来事 — yoshihiro 4:20 PM  Comments (0)

コアラ寺の普天和尚 死んでしまった

”ふっと”の気持ちで、普天和尚の事を思い出した。椎野町に住んでいた時でも、毎月初めには、集まりがあり妻と共とで参加はしていました。なかなかの幅の広いお坊さんらしからぬ無くてはならない人物のお一人であった。携帯に電話をした。普通柔らかい声で出て来られる声が無い。お寺へ電話する。奥様が出て来られた、「3月21日、がんが再発をしまして他界をしました」と、突然のお言葉。

びっくりしました。多くの知人等の交友多くでの連絡をどのようにしたらと、言っておられました。5月7日が49日での法要となるとも言っていました。

人は、いつか他界する。南無阿弥陀仏 南無妙法蓮華経

Filed under: 生命(いのち) — yoshihiro 10:41 AM  Comments (0)

USA 生まれのマジック”COLOR CHANGING BOTTLES”日本で、初めて披露できました

今日も楽しい時が来る。4月28日土曜日AM10時から開催される。地元の嵯峨小学校のお部屋でシニアの方達との交流会が毎月1回開かれている”たくろう会”です。四条中学の同期の役員をしている山田君は今年初めから、「腹話術やってくれる?!。との言葉があった。私は、すぐに、OKをしました。持ち時間はなにやら一時間程と言うてるので、腹話術だけでは?トの思いで、私なりに、何とかできるやろうとの思案の末 ”トランプ”とマジック”をたしました。 ””イク太郎(私の相棒のお人形ですの名前)とヨッちゃん(私、善弘を取っての名)の<腹話術とマジックとトランプ>、。。。三本立て。。。 ということで、決心しました。 以下の様で。。。!!

=今日のプログラム=

1.腹話術 で、なかよしネ  !

2.みんなで、スクワット !  3.??トランプの、あらっー?

4.???。。。。マジック。。。?

5 ○ ○さんの心と体いつまでも「青春」している8つの理由

以上の項目を一時間半ほど。ゲラゲラとの笑いとでいつの間にか、11時半過ぎとなりました。何も、疲れは無い。昨夜も風船で作った犬も喜んでいただきました。一つの自信が出来ました。よかった!、ありがとう!トの声と笑顔をいただき本当に心楽しいかったです。嵯峨社会福祉協議会主催でありました。

マジックの中での、スプーン曲げ、ハンカチの中で消えーる、コインが消えーる等の最後に、私が、USAから直輸入をしての、筒と洋酒のビンでの筒をかぶせては取ってして、洋酒のビンの色が黒色、柿色、黄色と緑、ト変色するマジック、~COLOR CHANGING BOTTLES~を楽しんでいただきました。

日本では初めてのお披露目だと思います。二十歳代には、大阪の商社勤めもあり、アメリカN.Y一年滞在もの経験が出来たのだろうと思います。NO5は、私の近くにお住みの有名な瀬戸内寂聴庵主様のいわれていたのを皆様の前で読ましていただきました。

一生は一度です。。。。。

 

 

 

Filed under: ありがとう — yoshihiro 5:27 PM  Comments (0)

京都府知事選の立候補者に愚見

選挙カーは、走り回る。その中から手を振って、未だ知らない人、マイクを手にとって声を上げて走り去る。この様な光景は一つの行事であり、お祭りでもある。お金をかけての彼らにしては必死の凝滞となってはいる。反面、毎日をお金の死活を計算して生活をしている私達には何か?滑稽な動きと感ずる。

それは何故なのか?。両者とも自身、””自らの、身を切る行動を言わない!!。からだ!!。厚遇されている報酬を庶民からかけ離れて甘受する。大阪知事のように”退職金は要りません”月報酬も下げました。そのお金を子供の達の為に回しています。元橋下市長、知事も”身を切って”働いていました。共産党グループも、多くの退職金を貰って消え去った知事のグループ達も、タダタダの当たり前の公約を掲げてマイクを通しての”おねがいコール” 財政緊迫、赤字台所のご時世に知らん顔をしてやり逃走としている。

[選挙に行く人のパーセントが下落した。] と、新聞に載る。当たり前の政治姿勢の欠落だからでしょう。!!。庶民と平行な報酬での、生活をしないからです。常に国民の隣にいると言う行動をしないからです。

ウルグアイ第40代大統領ホセ・ムヒカ さん

ーーーお金があまりに好きな人人は、政治の世界から出て行ってもらう必要があります。政治の世界では危険です。むしろ、商売人にになりなさい。---と、日本国に来られた時や、”ホセ・ムヒカの言葉”の一冊の本でもあります。---。。。

ーーー

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 9:48 AM  Comments (0)

京都新阪急ホテル のLunch Buffetの人間達

3月13日は私の37歳?の誕生日。いろいろとのご挨拶をいただく。生きていることへのうれしさが出る。感謝をいたします。掲題のところから葉書が来た。大人会員2080円同伴はお一人のみ半額、11:30~13:00での牛サーロインの他食べ放題、何も祝いと言うたいそうな事はしていないので、妻と行くことにした。予約の電話をした「入って右に曲がりそしてその先を左にまがりの柱のあるその前はグラスとか入っている冷蔵庫の前での席、お願いをします。二人です」というと、「はいわかりました!一度、席を見てきます。」ト言って確認に行ったのだろう、待つ、「はいお席は柱の前のところですね!、ではお名前フル名前でお願いします」答えて予約は終わった。しかし、私の第6感にくるものがあったので名前を一応聞いておくことにした「大島です」であった。楽しみと共に着いた。受付で予約している事を確認する。「はい、佐藤善弘様お二人受けております」席はちゃんとやってくれているだろうか??、、とよぎったが、予約をしていても列に並ぶ、私の思いである席は既に女性二人が座っていた、柱の前の席であった。「大島を呼べ!」というと「外出しておりましておりません」と言うので、電話での事を言った。彼の用意した席は、二つも先の窓席NO3の番号であった。座るとスーッと一本の道と成ったところが見える席だ!。心落ち着かないので横の席にしてもらう。座ると、前の席は2歳ぐらいの子供ずれの3組家族。左横は同じくらいの2組 、なんと!夫は汗を流し働いている時、何時ものご苦労さんで夫の優しいアドバイスがあってで来たのだろうか??。。と善意で思った。これはこれで楽しい者である。妻は「言うてたあそこは静かでエエノになー」と、不満であった。この席の違いを受付までに行って先程席の名簿チェック板を持っていたツカヨシ??とか言う男に言ったが3回ほど電話での事を言っても何故か曲解をする。そして始は私の顔の面前3センチ程に近ずけての話をするので、私は、彼の肩に手をやって、「もう少し離れてください!」と言って押すと約50センチほどになった。この男、フロントのお客に対する教育を持ってはおらんです。誕生日のサービスのカメラショットも断った。たべものは、まず、たけのこがでていたのであったが、少し薬品の臭い。がした。スパゲッテイーは、塩辛かったのでコップの水に浸して食すると柔らかい味となった。メインの牛サーロインも少し塩辛く取りに行っても欠品であった。その代わり、牛汁で混ぜたような茶色の飯と成って皿に盛られてた。そして、ただ、初めからプチトマトは用意されてなく、私はボーイに「今日はプチトマト出てないね―?」と言うと近くの冷蔵庫から直ぐにだして来て置く場所を作り並べた。寿司も用意されてはいない。炊き物はニンジンを大きめに切っての事で具はさびしい。<”””ランチ野菜ビュフェッ”””とにしたらどうでしょう!!>

大島からも、何の電話も入ってこない。もう、この様な場所には行かない。もっと安くて雰囲気の良いところはたくさんあります。帰りは、伊勢丹10階での”職人展”を見に行って、今、象牙輸入禁止の亀の小さい物を買い。パール販売でのにこやかなおばさん二人と漫才トークして、3月3日の読売新聞朝刊に掲載の、オリックス生命の広告に私、モデル業、がカラーで全面でている事をお見せして、C6の停留場(変更と成っている)から、帰った。わが家はいいものです。

 

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 12:54 PM  Comments (0)

2018年2月23日TV京都市会を視聴して思った問題いろいろ。

京都市会議は新聞にも、バスの中でもよく目立つような広告をされている。そして是非見に来て下さい!。ト市民に言っている。わたしは、チャンネルを回していてたまたま目にとまり視聴しようと思った。まず、森かれん女性議員さんが声、ろうろうとし、熱つっぽく話されていたからだ。子供も、かけがえのない日本の宝です。これからの我が国日本の礎です。この様な考えは今も、子供会や児童関係先で、”腹話術や、マジックそして紙芝居で、子供の笑顔作りに時々動いています。

しかし、今の子供達の置かれている社会生活、家庭での苦しい状態があるんだ!!。との、切切とした壇上での話でした。その後ろでは顔色一つも変えないさぞかし、人形さんの様に目も瞬きなくの、”議長”が座っている。--では、まず、その内容にいきましょう!: そして感じたことは、”もうすでに世の中は、”老老介護”ではあるが、と共に、”幼、少年介護トいう物”がヒタヒタと発生しているんだ!!。とはと。。。

子供達、若者たちは、今、家族の介護をしているという事での時間を割き、先生からは、「親の面倒もいいけれど、学校の事もしっかりやってね―?!」。。トの始末現状。そして、大阪での行政の実態調査から、悲しむべきな声が心に突き刺さったのだ。。==家族の介護は、誰にも、先生にも、福祉関係の職員にも等に打ち明けていないという事が、半数に達していたそうでした。==

この件の答弁に、”市長お願いします、!!。ト言ったのに、この件、私も知らなかった答弁者、村上副市長というおばさん:着物姿の帯の結びもなって無い、髪も汚らしい少し大柄な、 色柄悪い着物を着た人での印象を受けさせた。=粛々とそれら関係の組織の働きに説明に時間を使い、それで済まして終わった。このように、関連組織の動きとかの話は、小学生でもします。問題の、京都での、緊急とも思う”実態調査は?”の答弁は全く無い!!。また、議長も答弁の抜けている指摘はしない!!。。。????

この様に、市会議員の話が終わる、つぎは、市会側が答弁をして終る。のそこに、何もの疑問の出たことへの意見opinion,の出来ない生きた会議では無い。無意味である。そしてこの様に形式の好きな京都独特な古い形式を誰が、マトモニスルノデショウカ?

<<<海外視察の儀式は止めたらどうでしょうか!!>>。多くの人が、赤字体制の傘下、市民の税金で動いておる人、もっと、政活費も充分にあるんですから、インターネットからなど、図書館にいってでも自己啓発をやってください。そして、論文を作成してくださいよ。、フィンランドあたりに行く時間も、経費も無駄です。赤字の会社では、そんな経費は出ません。行って報告会をしてそれから行ったことでの件、実際に何か実現できていますかね――??。市民に公開してくださいよ””。市長、あたりの視察では許せるのではないでしょうか?。

 

Filed under: 時事論評 — yoshihiro 3:06 PM  Comments (0)
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930