汚い相撲取りは、墓穴を自身で掘る羽目となる。

稀勢の里横綱 連続場所の優勝おめでとうさんです。昨日14日目の照ノ富士は、対琴奨菊戦では一度は突っ込んでいくような格好をし、2回目の仕切りでは、肩すかしをして相手との体での相撲をせず、1勝を取り、しての汚い勝ち取り相撲人。お客さんは大関復帰を期待しての観戦もあったでしょう!!。この勝ち形に””何が文句あるのじゃー””と言われると、日本人気質からすると― それはここ日本、あんたそれ通じしまへんで――!と成るんです。何か仕切りの姿もすっきりしない人である。また、鶴竜では、左部肩に頭を当て突きでの相手の負傷部での相撲取りの横綱相撲では無い!。何してでも勝ち取りすればいいのでごあんすおっさん相撲取り人であることを観戦さしてくれた。

なぜ??。今までにない観客の割れんばかりの歓声と、歓声と!、大きな拍手が生まれたのか?それは、心の中でのすっきりしない相手相撲人への面白くない蟠{わだかまり}は、正義への心の爆発となって生じたのだ。”日本人は理解できるのです。” 国技としての相撲。神の加護のもとでの気持ちのいい相撲観戦できますように、と、願っています。

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 7:15 PM  Comments (0)

” カワイい 悪玉魂女の嫉む心理行動”

カワイい悪玉女が一人いる、この組織の中で公に罷り通っている現状を見て見ぬふりをするという状態では、この光り清く輝いていた黄金玉の組織は、木端微塵の破壊を招く。悪玉魂女は、まずTop善玉男に近ずき、単純細胞で出来上がっている男の善玉魂を女の持つからだの色気を出し使いすべてを吸い取り、その女の悪玉魂をその男の心身に埋め込む時を作る。その時よりこの組織のTop男は、只の玉男となって悪玉魂女の配下、下部となり、言うなりに行動をすることとなる。善玉精神的心は失せ、カワイい悪玉魂女の言いなりとなる末路となる。「常識」という衣も脱ぎ棄ててこの組織を徘徊する。。。。。{いつの時代でも男の後ろには、バカでも、良でも、化の“女”は引付いているんだ。}

 

 

 

 

 

 

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 7:50 PM  Comments (0)

韓日文化交流会 in SENSYUに行って来ました.

暖かい岸和田まで本当に久しぶりの南海電車に乗って妻と朝の7時半ごろに家をでて当会場,浪切ホールに着いたのは、11時ごろ。私は、最近 KINSAN と言う銀行と付き合いをしている。韓国とは、故元 朴大統領の時にPUSAN 鉄管 や、韓国鋼管 テグでの社長さんとの仕事を森田商事に在籍の時、仕事をしました。又西院にあった韓国語の学校に夜、中級までコンプールハゲスミダ でした。又、京都の南にあるウトロ の金井さんとの長いお付き合いを頂きもあり、キムチマシダ。気持ちのよい奥さんとも食事いただいたりで、隣の同胞なんです。心は一つ。子供達の大きな旗を持っての、にこやかなスマイルで本当に長く踊ってくれた。大変感激でした。 お客様座席番号:1-18-22 と23 でした。人は、未来に向かって、喜びも悲しみも、”共に分かち合って生きよう”喜びを の、為にこの短い生活の為に生まれてきたんだよ。”政治の力ー”庶民、民衆の心厚い涙ある流れる力”。アリランアリラン との人民の歌は韓日、、、日韓、、、でお互い肩を叩きあい、抱き合い活きよう。

Filed under: 未分類,良心の独り言 — yoshihiro 7:53 PM  Comments (0)

シロアリ達の罠遊び、、、、 その1:白砂糖 と 塩

””デニッシュパン教室””、場所/大阪ガスクッキングスクール京都。参加費/1,000円。私は、今時、どのような材料を使ってパンと言うものを作ることを教えてくれるのだろうと言う単純な興味心が出て参加をした。その心の中身の一つにまずまず参加者は9対1ぐらいの比率での男性参加だろうと想像はしていた事。そして男心のスケベ思いの一つ、私の好みの女性も来ているだろう一人ぐらい!??との事も含まれている。まず手を洗って、二人ワンペアーで、60代以上のご婦人たち90パーセントのなかのお一人と組む羽目となる。もう既に生地は買われていて準備されている。白砂糖をフライパンに入れ卵黄もいれの作ること.私は、白砂糖嫌いである。各テーブルにいてあれこれと感の高い声で、教えてくれている??、唇の厚い、化粧も厚い女性おばさんは、私が、白砂糖を入れることを嫌がると、容赦なく声高く、「はい、い、言うとうりにしてくださいー。」rと急かせる。そのとうりで三種類の(アップルデニッシュ と マロンデニッシュ とチョコレートデニッシュ)が各二つずつ出来上がった。醗酵する時間約三十分必要であるので、シヨウールーム見学時間に充てられ連れられて、マンション住まいの方や、家の狭い方や、薄給では難しいーのと違う!?と思うがそれぞれの設備をマイクを持った女性はただただ機械的に喋って、「はい、では次に行きます」と歩を歩む。私は底に何か不自然性を感じたので、質問を投げたーーーが、「ご興味あれば、後ほど係員に申し上げます」位の返答であった。ほんの時間潰しである。本日、思うには、いずれの料理と言うものの調味料は白砂糖を使うという事である。白砂糖は、体によくないでっすよ!と、このパン教室の若い女性先生という人に言っても、そんな事なに言ってるの?といわんばかりの表情であった。白砂糖は食品添加物であり一つの甘い麻薬的物なり。いろいろ調べてカラメル化した物は体内で尿素形の化学物質を作り運動機能、学習機能の低下の症状になるとの発表もあるとの事。また、精製過程で薬剤を使用し製造されていること。大切なミネラル等全てありません。又、女性の冷え性の原因ともあり、カルシューム激減作用もあり、自律神経失調症の大要因の一つだとも。。。。。。そして””塩””、成分99.5%以上が塩化ナトリウムの調味料ではだめです。多くをとりすぎている生活習慣では血管を損ねます。

日本国民の体を大切にしない”白蟻達”は無責任な甘い言葉の遊びの罠遊びが好きなんだ。

 

/

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 7:57 PM  Comments (0)

1;人間の二分化(植物的化と動物的化)の世界

洛陽京工会、ほとんどの構成はお年寄りである。この常任幹事会総会に先日は京都ロイヤルホテル&スパ2階ロイヤルホール,青雲というとこに、出席する役目を持っており、現在の本校の移転出来事の,経過とか伏見高校とか北にある立命館中学校、高等学校の跡地を”新しい工業高校”に適するのか?迷っていると言う報告を受けた。尾河と言う高齢者が我が会のお世話人として、がんばっている。何を報告しているのか?自らのこの件での自らの意思は通じてこなかった。機器の設備、歴史の重み、そして過去日本国の基幹産業、ものずくりの大いなる発展に本工業高校(全日制、定時制を含めて)は、有意な人材をも輩出しました。なにか?”敷地面積が負けている”とか、”交通の立地が南にある”とかのただ壇上に上がっての報告しかできていなかった。当然、京都市長の門川さんも、洛陽工の件に応援してもらいたいものです。過去、私と共に1時間程を教育委員長室で、洛陽高校定時制の存続いかにするのかを話し合った。一応、良い返事をもらって、退室をした。が、後ほどに定時制の、洛陽同窓会にはnonメッセージで多くの働く若者達の勉強場所を閉ざした。ここでの掲題に戻ろう、”植物的化”とは、陰湿的に闇を好み、なにも人のために喋らなければならないことを黙止し、人の為への関心という心の流れは無い者であると言うこと。又、何を考えている人間かわからない陰のある人物。で、いいのではないでしょうか?。”動物的化”とは、明白的を好み、人の、このために心を動かすことの出来る人であると思います。又、両者合併している白と黒を持ちツズケテいる者もいることでしょう。しかし、本日もこの会は、問題点を提起し、発言したにもかかわらず、受けてのReceiverは壊れていた。”副幹事会で話し合います”と黒日焼けした老人幹事長は壇上で一人マイクを使って言う。提案者にもマイクを同様に使いたいものだ。”総会”とは、出席した方々の提起、意見をこの総会と言う場を使いそれぞれの項目の可否を決定し、創り出す事をすべきではないかと思う。。。。????。総会とは、シャンシャンと時計の針が進むが如くに済めば良いと、これが今までやってきている前例道理だよと思っている植物的化が99%居る。いろいろな人のしゃがれたごっつい声がマイクから響き渡る時の報告会と少し塩辛い食事に時を使った様だ。終わり、そとに出てみる。市役所前でFREE-MARKETをいろいろな若者達が店を開いていた。動物的化な雰囲気を醸し出している。これからの日本に住む老人達、シルバーと自らも自負し植物的化で慕っておらず、真髄を動かし”GOLDEN AGE”にChangeする”勇気”持てますか?。。。”困っている人に、関心を持ちましょう!!。”そして,つけあがったプライドのある先生になって死んで、地獄に行かんよう。。。にしましょうね。!!!!!!。

--ーー数秘占術師:佐藤善弘(さとうぜんこう):(株)開運館、イーアンドイー元所属 、                                      l            (数秘占術老師:松田嘉明 先生の筆頭弟子)  (京都十条イーオンスーパー 1階 好評ズバリでした。)                

          

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 2:35 PM  Comments (0)

正気のある流れは魂光る世界を開く。 その1

大人と子供達、多くの光る魂は私は子供達にあると決断する。大人となっているという風な者達は、何かどこか、くすんでいると思うところがあると思う。今住んでいるところでの事をごまかし過ぎ去ってしまうを心の箱に特に正気をシマッテ、無責任な知らん顔の厚化粧を仕上げる。私は、このようなことも、、、、、、、、---; その1では、:

戦後、広島の原発ドームを、大人達の中で、”もうこのような戦後の辛い思いを見たくない!、の自分勝手な大人”とのことで潰そう”と言うことであった。が、子供達の光る魂は、未来の人の為に残そうとの募金活動を道端に立ち等して、くすんでいる大人達の魂に、問いかけた。保存する、残そうと言うことでの決断は20年後に子供達の魂光る世界は成就された。

---;その2で

ここに、原発事故,大津波大地震を超えて心明るく、魂光る顔のある’釜石小学校の子供達と教師達が歌っている校歌を、ご紹介します。

①.いきいき生きる  いきいき生きる   ひとりで立って  まっすぐ生きる  

              困ったときは   目を上げて     星を目あてに   まっすぐ生きる  

              息のあるうちは  いきいき生きる                          

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 5:10 PM  Comments (0)

“喝采”出来ないとき !!

”喝采”を贈る時、どの人も心の底から涙がこぼれる時もあるような、その時に拍手と共に立ってするよ。私は、時々木曜日の夜8時からの歌謡番組のテレビを観ている。”喝采”という歌は、今既に、歌謡界から存在しない、 ちあきなおみさん。あの時の秋から爆発的に売れて、年末に驚異的にレコード大賞を取ったと言うあの彼女しかから出せない軟らかい、すこしかすれてのなんとも言えない、歌声と、その表情。女の哀愁ともいえる訴えある歌唱力ある彼女をいまだに、私の脳裏から消えていない。そして、多くのフアンの人もいることだろうと信じる。だが、このような重い歌を ”天童よしみさん”が歌っている。すばらしかった故美空ひばりさんの歌を唄っていたこともあった。彼女の歌声は、ピンと針のある歌声である。なぜ、欲をして雰囲気も合わない、それも天童さんの歌筋と正反対を歌ったのか?また、お茶の間を不愉快にしてしもうた。プロは自らの筋を歩んだほうがお客様を楽しませることが出来ると思います。 ”さらばハイセイコー”:増沢末夫さん。愛馬の手綱を握った男だ。歌は素人であるが、ーーーー” ”誰のために走るのか   何を求めて走るのか  恋に別れがあるように   この日が来るのが怖かった   ありがとう友よ さらばハイセイコー ”。-----                                                      と素晴らしい声量で唄ってくださった。 また”、おゆき ”を唄ってくださった内藤国雄さん。素人の歌手さん。で、将棋の棋士。王位のタイトルを勝ちとられたあった。ーー” ”持って生まれた運命まで  変えることなど出来ないと  肩に置いた手をふりきるように   俺の背中にまわって泣いた   あれは、、、おゆきという女 ”。 立派な渋い戦い抜いた男の声量が響く。ーーーーーーー。

人は、真っ当に、自らの、人生歌を唄って、肩に力を掛けずに歩いてゆきたいものです。

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 9:39 PM  Comments (0)

     憧れのMAURITS HUIS

2013年の歳は観覧車の如く右回りを始めた。私どもは、1月4日に神戸メリケンパークオリエンタルホテルに一泊をした、930号室真正面の窓からネオンあでやかに明るく色彩を放つ観覧車がおもてなしをしてくれた。巳さんの絵の動きも出た。新年明けましておめでとう も、で た。飽きずに二人は12時近く楽しんだ。1月7日 朝7時から7時半の間にサンテレビで(株)オリオンのCMに出演する事の宣伝紙をこのホテルの人に、配った事をしたので、一つ安心感がある。明日は、市立博物館で今、私が販売している商品のラピスラズリ原石を粉にしての顔料を使っての絵画。なんともいいぇない色の輝きと品格ある女性の顔をいよいよ見に行ける。人の流れは、券を買うために約30分も要るそうだ。ホテルで買ったので不要。近くの、ファミリイーでも扱っているそうだ。入館をすると、機械的な声と共に切符を切る手先を動かしている色白の若い女性に券を渡す。横四列に並んでくださいとの声が響く。ゾロゾロと牛の牛歩(国会議員も過去このような遊びをしていた時期もテレビの放映あったようである)で進む。だんだんと暑くなってくる。息苦しい感じもする。何か、ナチスドイツの捕虜となった人々が、ガスの待っている場所に、無言の集団と化し動いているようである。まだ着かない。旧居留地の建物などを観て、溜まり場に出る、フーーッツと一息ついた。”forward”ーあいさつ、、と白板に第一生命保険会社の御かげとか延々と書かれていた。MAURITS HUIS までは??????。非常階段を下がり、3階への階段を上がる。”足の悪いお年寄り、その筋の人には楽あれば苦であるかもしれないが、苦行の修行をさせられた騙しの悪徳業者に、はまった様な気もする。やっと観ることとなる、対面できた。女房に、一時、私のはめている眼鏡を貸した。このすばらしい絵画以外の昔の男達の絵画の展示されている事はは、意味もなく、無駄な用である。群居しておる日本人を掻き分けて、横の部屋に、”縄文時代の生活の展示”があった。入った。人はおらんかった。空気は澄み。静寂であり、これこそ誠に落ち付いた観覧でき、今。美術館の体を成している所に着た様であった。

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 8:11 PM  Comments (0)

京都の商人の中にもおりまっせ、”こんな腐り面えーー男”

新春年賀交換会、リーガロイヤルホテルで、京都4経済団体の主催で,開催された。ただただお会いしてひとつのご挨拶のみではあるが、握手をさして頂いたりの、恒例の日本式的な新年の、顔見である。私はいつも日ごろの苦労をひとつでも消すという意味も含めて、女房共々出かける。周りを見ても私のような者はいない、毎年であるが、、、、、?昔のご縁でもある堀場の会長、(関西経営管理協会のところで経営者の講演会を企画して多くの経営者様たちのお世話をしていて、帝国ホテルのエレヴェーターの中でお話をまじあわしていただいたあのときから、この時はちょうど妹の敬子が電話交換手として採用されて間もないころであった。そしてあつかましくも、洛陽高校定時制の総会のときに、’’イヤならやめろ’’の本を世に出されて大変にお忙しい時に{ご講演のお願いをしました。秘書さんを通してで即刻快諾でした。そして早速御礼にお伺いをしました。今もあの時のことを大変感謝しております。多少とも妹の敬子のお陰でもあったのだと思う。又、渡辺副会頭さんのお顔が見えなかったようだった。彼とは、何か熱い電波があると私は思っている。昨年、会場で、軽く、傷害保険の契約を少しでもということで、お願いすると、していただいたという事となった。ただただ、残念なのは、、このような有名な方の契約にいたったことを、担当者に、話しをしても会社の上司も、”あーーよかったね、すごいね!!とかも、なにも無い”。なんとも変な心の動きをしている会社である。

主題に移ろう、、。そして軽食の時となる。 並んで。おでんを、卵 大根 がんも 豆腐 をお椀に入れる。からしを取りにお椀をその手前において一足先のところへ取りにいく。帰ってきた。私のおでんが入っているお椀が無い。????、、。誰かが取って行ったのである。私はあまりの不思議さと驚きとが交錯し声が出る。「あれーー、私の置いてあったおわんのおでん無いでーーー!!。京都の男はこんなもんやなーー、誰やなーー?。」 だーれも返答しない??、こんな大きな声で言うてるのに、大阪の商人だったら、「あーー、これでっか、すんまへん」とか言って事は終わるんですけど。この京男の腐り面商人メ!!! この現実。  =====人は格好と顔ではありません======。。。

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 7:30 PM  Comments (0)

山あり谷あり落合のところあり

落合監督が日本野球界から退場した。彼は、本日の読売新聞の朝刊誌上で、自らを”初老”という歳であると言ってぃる。

”映画館の右の後ろで女房と映画をみて、温泉にでもいきます。”とも言っている。この事はそのひと時の事でありたいものであると願いたい。現役の時には、多くの輝かしい賞を獲ったと言えるスーパーマンでもある実績ある人である。もう一踏ん張りしてほしいと思う。芸能界では、加山雄三さん74歳。多くの愛する野球フアンは、あなたの日本的な野球采配を期待と楽しみの感情を抱いて、早く、私たちの茶の間の桧舞台に、登場されることを、待っています。それにしても、日本シリーズを戦った男を首にする球団の男達に何をどのように思い考えても、おかしいとしか言いようがないのと納得がいかないのである。

又,日は昇る.  又、日は西に落ちても、

又、日は東より、輝しく,昇れる 落合球。

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 6:33 PM  Comments (0)
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031