京都商工会議所新春年賀交歓会に参加して

2019年度1月5日の12時半での開始が京都ホテルオークラの4階で開催された。私、女房とは例年12時と思ってはいたが、今年は違ってはいた。多くの人々が会場を詰めていた。私は、未だ11年前ほどの脳内出血での大病の後遺症が、左半身に残っており立ち続けていると言う事は多少とも不便なので椅子を探してはいたが何所にも見当たらなかったので、ホテルの女性を捕まえて、「すみませんが、ここ壁際あたりに椅子を置いてもらえませんかね?」と頼んだ。彼女は「そうですか!、その様に言われる方だけに御用意するように言われてますので2脚でよろしいですか?」。。と答えた。私は、ムーン!!と、なった。本来、今の時代、高齢化が進み本日来ている人々は多分、足腰のよぼつかくなった人がおり、また、杖を突いてた人もおられた。”京都での接客の言葉==おもてなし==は、現実には無い”し存在はしていない。たずさわっておる人には心の中には #無##であった。宴会係の男と話をして、ラッキイー7でいいからと言って(少しのギャグでもある)、7脚を用意さした。其の用意された椅子には着物姿の老いた杖を持っている方、隣りでの女性が膝をすすりしての談話されている光景を見た。私は「ここに椅子の用意されてなかったのでそろえさせましたよ!」と、目と目があったので喋った。「あーーっつそうですか、ありがとうございます。そらー、助かりました!。前は、在ったんやのにね~~!!」とりまきの着物姿のおばさん達は、うん、うんと首を動かしていた。何年か前での”京都コンサートホール一階には長椅子の設置もされておらず、身障者の方、足腰の弱っておられている方等への心使いの欠如の欠如の現実を思い出した。

会頭のお話を聞いた。”京都は今、人口が減ってきているので、クロス的な人交流をしていきたい。とかのお話であった。”気候温暖化の進行での災害が多発している”との指摘は無かった。市民が大変な苦労をしていた、も、無かった。

門川市長は、商工会議所は京都で一番良いところに来られる。今迄の駐車場での、利益:3億円程が無くなる。と、言った。織物部会の組織には解散をしてもらった!。ト言っていた。???何でかよくわからない。!。今っでも、赤字体制の京都市なのに、マイナス3億円を商工会議所がカバーしてあげるのか~??、なぜ?、格好つけての京都中心あたりにくることになったのか???!。何の説明も聞いてはおらん!!。今のところで、京都新聞社本社の前あたりの所で粛々との生産性の無いと思う事務をされてで、いかんかったのか??。

新任された京都府知事は、”””弱者である子供持ちの働く人には、会社が、経営者が、熱い気持ちで、手を差し伸べて子供への心の助力をしてやってほしいと!!、のお言葉には、黒服姿の男達の心には、どこまで、届いたのでしょう~~っか?。

始めから、”さよなら”をするまで、裏千家のお茶の方とのお話で、こんど23日には彼のお茶会を花見小路の”一力”さんの眞裏に着物姿で、妻ともども、寄せてもらう事を、約束、私の今少しやってます”簡単な短い落語をする事もOK取れまして、楽しみです。”パペット腹話術、トランプ、マジック、ボイストレーナーとしての、誰でもまねのできない”芸” を深めて行きたいと思います。先日は、創衛プロダクションの元社長にお電話をしまして、大変超~身体の中に部品を入れて元気元気で本当に安心をしました。(私には所属中、大変気を入れていただき、奥様とは大事にされていました。)ので、「一度会いたい」とおっしゃっていただきましたので、絶好のチャンス!!。人の為の喜びも産まれるので楽しい年で生きたいと思っています。 人生 感 意気 私を社団法人人間能力開発協会高等研修所からニューヨークに私を留学生代表として押し出していただいた元、首相 中曽根康弘閣下の(研修所顧問)の色紙に書していただきました、< 意気に感ずる。 > 今も、大事にしております。

 

 

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 5:59 PM  Comments (0)

納得あるパワー

12月が、冬風と共に今年も、””師走”!”と言う事で、先生も忙しいという事だが、現代ではこの事の先生方の時間は何か大変なものであるらしい。お寺では宗教の言葉を民に対しては”、仏の力による恵み=ご利益=と使い、冬、寒き節となり、人の心も身体もちじ込みやすくなる感も出てき、”大根炊き”をおこない一杯1000円取りしている坊主もおったり、100円ぐらいの大根であるのに。それお食する事で、”arigata~i”と思いでこの年を越そー、越す事が出来るぞ―!、と納得の心 、、、。とが、あると思います。

子供達は、正直なものです。心の納得無い場合は、グズグズしたり、泣き叫ぶの反抗行動は、顕著にまた身体をバタバタさしたり表現を大きく、アピールのパワーも持っている。”だましをする”と言う世界は、存在しません。

最近、京都市会議員がつけている22金でのバッジは、「これからメッキ造りにします。」ト言っている。今迄、なんと赤字体制の京都政治事情なのに贅沢な姿勢をナーナーでの仲間でのやり方を、共産党でもしていたのです。情けない納得のパワーです。報酬金も下げられたらどうですか?!!。赤字財政の中でしょう?!!。

納得できる姿勢を見せてください。庶民はそんなに貰ってませんよ!。365日ほとんど働いていますよ! 議員達は年間何日間働きますか??

第九の音が何所からかも聞こえてくる。”歓喜のしらべ”ベートーベンの曲だ。27歳の時。ヨーロッパ13カ国の中での時にオーストリアを、訪れた。演歌のはやりの日本での年末は、何故か?覚えの無い言葉で多くの人達が固まって唄っている。--納得あるパワーーなのか?

**********人生いろいろなのである**********

 

 

Filed under: このお話いかが?,未分類 — yoshihiro 5:40 PM  Comments (0)

京都人のやり方 のその一つ

盆地に囲まれての、風通しの無い町の一つだ。京都は有名だ、トは言っていると思うが、何も寺、神社多くはこの狭い土地柄にお金のいるところと化している。

京での日本食に至っては、塩の効いた物と成っていて、舌にはうま味をそそって入るが、何も健康的にはいい事はない。血管には、血圧には、お年寄りの体には全く優れてはいない=漬物(添加物と塩入り)梅干し。も、汁もの(塩で味を決めている物がほとんどだ。)まさに塩漬けの外食でのオンパレードの中で、””あーー美味しいですね~”とお互いの傷をなめているよう。と、言う現実を直視する心は長寿するのには大事でしょう!!>

先日、”ラピス ラズリ展(水彩画)と言う事で京都新聞の”まちかど”に載っていたので、私は販売をしている”ラピスラズリの宝石”に関係をして、何か参考に為るかな―?と思い、妻と寺町通御池下がるのギャリエヤマシタ1号館2階に行った。「こんにちわ~」と青いシャツを着ている一人受付しているシルバーの男に挨拶をする、「私ラピスラズリの宝石の仕事してるので何か勉強できないかと思い来ました。」と、言うと彼は、「いや、ラピスラズリは、わたしたちの会のなまえなんです。私、青色は好きです」とも言った。なるほど、彼の水彩画の絵は青い色を使った絵であった。””まー?えらい人をまやかすようなラピスラズリの使いかただな~っ””と心は穏やかではなかった。

最近は、真面目そうな人も、警察官に装って人家を訪問しての悪だくみをする人もいます。とにかく、しっかりしま~~しょう~~>。

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 11:26 AM  Comments (0)

京都府知事選の立候補者に愚見

選挙カーは、走り回る。その中から手を振って、未だ知らない人、マイクを手にとって声を上げて走り去る。この様な光景は一つの行事であり、お祭りでもある。お金をかけての彼らにしては必死の凝滞となってはいる。反面、毎日をお金の死活を計算して生活をしている私達には何か?滑稽な動きと感ずる。

それは何故なのか?。両者とも自身、””自らの、身を切る行動を言わない!!。からだ!!。厚遇されている報酬を庶民からかけ離れて甘受する。大阪知事のように”退職金は要りません”月報酬も下げました。そのお金を子供の達の為に回しています。元橋下市長、知事も”身を切って”働いていました。共産党グループも、多くの退職金を貰って消え去った知事のグループ達も、タダタダの当たり前の公約を掲げてマイクを通しての”おねがいコール” 財政緊迫、赤字台所のご時世に知らん顔をしてやり逃走としている。

[選挙に行く人のパーセントが下落した。] と、新聞に載る。当たり前の政治姿勢の欠落だからでしょう。!!。庶民と平行な報酬での、生活をしないからです。常に国民の隣にいると言う行動をしないからです。

ウルグアイ第40代大統領ホセ・ムヒカ さん

ーーーお金があまりに好きな人人は、政治の世界から出て行ってもらう必要があります。政治の世界では危険です。むしろ、商売人にになりなさい。---と、日本国に来られた時や、”ホセ・ムヒカの言葉”の一冊の本でもあります。---。。。

ーーー

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 9:48 AM  Comments (0)

京都新阪急ホテル のLunch Buffetの人間達

3月13日は私の37歳?の誕生日。いろいろとのご挨拶をいただく。生きていることへのうれしさが出る。感謝をいたします。掲題のところから葉書が来た。大人会員2080円同伴はお一人のみ半額、11:30~13:00での牛サーロインの他食べ放題、何も祝いと言うたいそうな事はしていないので、妻と行くことにした。予約の電話をした「入って右に曲がりそしてその先を左にまがりの柱のあるその前はグラスとか入っている冷蔵庫の前での席、お願いをします。二人です」というと、「はいわかりました!一度、席を見てきます。」ト言って確認に行ったのだろう、待つ、「はいお席は柱の前のところですね!、ではお名前フル名前でお願いします」答えて予約は終わった。しかし、私の第6感にくるものがあったので名前を一応聞いておくことにした「大島です」であった。楽しみと共に着いた。受付で予約している事を確認する。「はい、佐藤善弘様お二人受けております」席はちゃんとやってくれているだろうか??、、とよぎったが、予約をしていても列に並ぶ、私の思いである席は既に女性二人が座っていた、柱の前の席であった。「大島を呼べ!」というと「外出しておりましておりません」と言うので、電話での事を言った。彼の用意した席は、二つも先の窓席NO3の番号であった。座るとスーッと一本の道と成ったところが見える席だ!。心落ち着かないので横の席にしてもらう。座ると、前の席は2歳ぐらいの子供ずれの3組家族。左横は同じくらいの2組 、なんと!夫は汗を流し働いている時、何時ものご苦労さんで夫の優しいアドバイスがあってで来たのだろうか??。。と善意で思った。これはこれで楽しい者である。妻は「言うてたあそこは静かでエエノになー」と、不満であった。この席の違いを受付までに行って先程席の名簿チェック板を持っていたツカヨシ??とか言う男に言ったが3回ほど電話での事を言っても何故か曲解をする。そして始は私の顔の面前3センチ程に近ずけての話をするので、私は、彼の肩に手をやって、「もう少し離れてください!」と言って押すと約50センチほどになった。この男、フロントのお客に対する教育を持ってはおらんです。誕生日のサービスのカメラショットも断った。たべものは、まず、たけのこがでていたのであったが、少し薬品の臭い。がした。スパゲッテイーは、塩辛かったのでコップの水に浸して食すると柔らかい味となった。メインの牛サーロインも少し塩辛く取りに行っても欠品であった。その代わり、牛汁で混ぜたような茶色の飯と成って皿に盛られてた。そして、ただ、初めからプチトマトは用意されてなく、私はボーイに「今日はプチトマト出てないね―?」と言うと近くの冷蔵庫から直ぐにだして来て置く場所を作り並べた。寿司も用意されてはいない。炊き物はニンジンを大きめに切っての事で具はさびしい。<”””ランチ野菜ビュフェッ”””とにしたらどうでしょう!!>

大島からも、何の電話も入ってこない。もう、この様な場所には行かない。もっと安くて雰囲気の良いところはたくさんあります。帰りは、伊勢丹10階での”職人展”を見に行って、今、象牙輸入禁止の亀の小さい物を買い。パール販売でのにこやかなおばさん二人と漫才トークして、3月3日の読売新聞朝刊に掲載の、オリックス生命の広告に私、モデル業、がカラーで全面でている事をお見せして、C6の停留場(変更と成っている)から、帰った。わが家はいいものです。

 

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 12:54 PM  Comments (0)

” 明るい生活のひと時で動いたいなー” はっ はっ はっ!!。

いろいろな事が、朝、目を覚ましても、耳からでも衝撃現象が生まれる。  

心臓の鼓動は生きてるの限り音を感じさせず動いてくれている。

平和があり、争い事があり、いろいろな思いの違いの交錯しているこの世。

明るく照らす”太陽”の恵みへの感謝心を忘却してる生活があるようです。

”文明、文化は発達した。”と思い違えて生活している人間動物の存在。

欺瞞、紛争に奔走して”正義観”無き人達が多くなったようだ。今の世。

”月光仮面” ヤ、 ”スーパーマン”等に等しい男&女。生まれてほしい。

 

 

人間、動物関係は、危険な音を撒き散らしての時もある。

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 1:25 PM  Comments (0)

笑いあり 涙ありの大衆演劇 春陽座

本山妙心寺 庶民の為の、シニア、シルバーの為への喜びの時を企画し、実演の場所を京都市民、京都府民に大変な精を使っての活動をしてくれている和尚さん達。頭が下がります、{ありがとうございます。}。大阪では、この様な庶民、市民、府民への大衆演劇の場所は20か所以上楽しい心の場所があると聞いています。本当に、京都はここの一か所だけです。ひと昔はただ、もう一か所あったらしいと言うぐらいです。

1000年の都 とか、伝統産業を守ろう!!とか 昔建てられた、作られた物に頼りその上に胡坐(あぐら)

をかく。昔、社会党があった。崩壊をした。他にもあった。そして今も、赤っ時体制の市政、府政の中におるのに冷たく情熱感を無視して動きをする人達。大阪では松井知事でも退職金は辞退をしている。今、弁護士活動で頑張っておられる元大阪」市長、知事であった橋下さんでも、自らの身分の立たされている立ち場所をわきまえていた。退職金辞退、月報酬金を大幅に下げてと現松井知事もしかり。「生活はやって行かれますよ!!。」と公言されている。中小零細企業の多くある京都を認識しない政治屋達が、昔のバカな公家達がおる。としか思えない町に為っているように思う。随分前に、京都中小企業家同友会で広報委員長の時の思いと今も同じです。

京都から去って行く多くの頭のいい人達が今、続いている。日本電産、京セラなどの社長も老骨に鞭を打ちがんばっておられる素晴らしい経営者の健在が地元に、日本に光をさしておられる事を、有り難く思います。”物を作り、お金を産む人達への思いへの熱情は、薄い街でもあるように思う。

道ができた。建物が出来たなどを褒め称えている古い感覚持つ政治屋は、辞めてほしい。。年老いた人達には?。わかものたちへの施策は?、っ子供達には?税金は庶民に還元すべきなのです。自らの体についている余分な肉をそぎ取りなさい。と言われてはきているが実際の政治舞台に行く機会の無いのだから、”ただただ、犬の遠吠えとなっていていいのだろうか?、、、。今年は、””戌年、一度噛んでみても!!。と思う。””

 

 

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 2:32 PM  Comments (0)

なたまめのエキスに驚愕 !!。

人は、会話をするときは近接する。息が出る、本人は気がつかないが嫌な臭いを発ている時もあるだろう!。お年寄りにしか、の現象ではないだろう!。先日展覧会に行きそのある会社の女子社員と言葉を交わした時に”ふっと”臭いを感じた。私は時々、女房にハーーット息をかかせてOKを取っている。。

半額、初回限定900円/一本。私は、一本初回でのつもりで、電話をした。出てきた女子は発音の上下の無い冷たそうな声で話をして来る。結果、2008年に申し込みがあったという事で各安900円はだめ、通常価格1,800円ならOKとの返事となった。9年前での出来事でも受け付け不可能!。””60代70代に話題沸騰!。売れてる!、多くのお年寄りが笑顔が新聞広告紙上に”誠実。自然派””。と大きく載せている。   しかし、歯磨きチューブは一本500円以下で出回ってはいる御時世ではありませんか!!??。  年金などに苦しみの生活をされておられる多くの老人層がいる現況を見捨てた、一種の弱みに付け込んだ売値設定をしている経営者に何か怒りを覚える。”弱者救済”の思いを考えなさい!、と言う。頭の固い、封建的思考。最近も、あるマンションで 「お骨を預かります 」のTV宣伝していた派手な化粧持ちのおばさんは逮捕されている。

広告での宣伝の文章や、よさそうな写真、ナニナニ先生を載せての宣伝のやり方での広告。ヨ―ックイロイロ¥と、ほかに売られている商品等を考える時間を持つ事は、””SAVE MONEY””生活を助ける!。自分を助ける事に為りますよ。出て行ったお金は戻ってこない!!。誰も、我が身を削り働かないと一円たりともくれませんよ――!!。世の中はそんなに甘くはありません。

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 1:04 PM  Comments (0)

口先の選挙のおねがい?では??!!。

選挙の時が来ると、いまだに若い候補者も、従来のとうりを真似した行動を取り、今までに国民に約束をした公約を破り、して、自らにはお金が困らない報酬カットはしない!!。また、知らないおばさんが何々選挙事務所です、と選挙お願いを○○○とただただテープレコーダーを受けてるよう―な錯覚するような喋りを通してくる。少しのこちらの言葉にも何も答えない。無味な人間性を覚える。

聴覚に訴える屋ああああああり方。本人は出てこない。”身を切る改革”はどこっ吹く風?維新の会以外与党、共産党を含め2年間はDo it  それから今日まで、選挙公約にも書かない国民を愚弄しているぞ。また、日本の マスコミはこの様なお金の大事な事も記事にするという事に知恵が回らない。各党の支持率を表にしたり、党首でも無い候補者も集めて、噴狂討論会TVをしてくれたり、誤魔化しの報道に尽きる。

インターネットでは、老若男女には、多くのnewsは、入ってくる。人間と人間が接する事の薄くなっている今世間。政治もその隙間をうずめるっことは大事なんです。口先だけの動きでは心は動かないでしょう!。

 

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 11:11 PM  Comments (0)

柿渋液 の簡単な作り方

空が高く見える!!。秋が近ずいて来たんだろう―な!、と、吹く風も肌に涼しく感ずるこの頃。西の庭には、引っ越しをしてきたときに植えた柿の苗が立派な“渋柿の大木と成り、毎年枝をはらっているという現状です。今年は、たくさんの渋柿ができそうだ!。古くなった庭の塀にももっと長生きをしてもらうように、そして長く腐らないようにと思い、素人ペンキ屋さんをしてみようかな?と思い立ちました。あんがいと,きようなものですから、柿の葉は、蒸して干して柿茶にと佐藤家では自然のお友達と共に生活をしています。琵琶の葉も同じくお茶に、お金の入ってくる道はかなり細いのですので、Save   Money の連続です。

っでは!!、

 

、早速まだ緑色をしている渋柿さんに手伝ってもらおうとの思いで!””柿渋液を作ることにした。今迄した事は無い!!。がいろいろの知識を合作してやることにした。

①:バケツ、座る椅子、丸型の振いアミ、手ぬぐい、頭の部分がゴムの手ハンマー、スーパーで食べ物を入れる手提げ袋2つ(これは渋柿を5個ほど入れるので)=ハンマーでその上から打ち潰すことをしますので=、

②:出来ればサラシの袋を作れば便利です。サランラップ

③:ミキサー 1台

サー頑張って行きましょう―――。

 

緑色の渋柿さんを2枚重ねたスーパー手提げ袋に5個程入れ、下は固い物の上に置きハンマーで打ち、潰します。それを、バケツに入れます。ある程度たまれば、柿の枝にひっついていた茶色の固いものをよけて渋柿の実だけをミキサーに入れ適当に水を入れ細分化します。==この作業の連続です==。

バケツの7分目ぐらいに為ると水を足して、一つは終りです。それを日陰に置き空気を遮断して(サランラップで柿渋潰した上に使います。) だいたい4日目位で、、、、さらし袋の中に入れて絞りまーす。そして、ビンなどに入れ蓋をして置きまーす。==日がたてば立つほど柿渋液として立派になりますよ!!。直ぐに塗装に使っても、OK、後ほど茶色に為ってきますとよ。

以上です。

 

 

Filed under: このお話いかが? — yoshihiro 5:42 PM  Comments (0)
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031