台風の目を弱められないのかな~?

毎年に台風は、暴れて多くの大被害な爪痕を残して過ぎ去ってゆく。タダタダ、人間達は守りの姿勢、過ぎ去って行くまで、、、。一方、台風がやってきたと言って、上空台風の雲の上に飛行機で眺めて観測機器をその雲の上から落下さしていろいろとの計数を測っている大学の学者がTVに映し出されていた。なんとま~~、のんきなことだな~~?と感じた。台風の上にいて、その真近くに”台風の目がある”と言っている。--のであれば、学者さんよ!!、台風の目をめがけて、充血したその形相の形相のある目に冷却ある窒素ガスの塊を突き刺してやると言うような進歩ある科学の仕事は出来ませんですか~な?。”こうのとり”とか?、宇宙の事もいいですが、地球に住んでいる私達の事が大事ではありませんがな~~?。ト、思う。宇宙までの事が出来ているのだから、もう少し人間生活の為の事を研究すべきです。

Filed under: TVの功罪 — yoshihiro 7:33 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31