サッカーポーランド戦、後半8分の武将頭の心意気の分かれ道を想う!!。

戦場での戦況を判断しての決断は常に、武将頭の戦う意志の上での菜配が時を決する。

”スポーツ”と称しての試合を平和な現代では、勝ち負けのみを競って入るが、昔、関ヶ原の一戦があった。、多くの、人間達が土の上で死を覚悟で合いまみれて混戦を時の秤の無い殺戮で血を流した日本史上が、あった。当時の小早川ト言う武将頭は、反逆をして山上から自軍の横っ腹に攻め入れ、西軍は敗退した。一方同軍の島津という武将頭は、”的は家康”といって家康本陣一筋、に駆け迫った。この両者の後世歴史では、「「家康は島津を恐れ、褒め称えていた」」、との物語りは評価していました。

”勝てば官軍 負ければ賊軍”との卑しい言葉の無責任な言葉を吐く人もいる。酒を飲みしての応援!>ワーワーと日ごろの吐け口を吐く男と女達。現地までも行っての応援をしている人達も存在している。えええ加減な人達のいる間で、キラリと一光の存在を願う。

 

Filed under: 未分類 — yoshihiro 11:25 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930