コアラ寺の普天和尚 死んでしまった

”ふっと”の気持ちで、普天和尚の事を思い出した。椎野町に住んでいた時でも、毎月初めには、集まりがあり妻と共とで参加はしていました。なかなかの幅の広いお坊さんらしからぬ無くてはならない人物のお一人であった。携帯に電話をした。普通柔らかい声で出て来られる声が無い。お寺へ電話する。奥様が出て来られた、「3月21日、がんが再発をしまして他界をしました」と、突然のお言葉。

びっくりしました。多くの知人等の交友多くでの連絡をどのようにしたらと、言っておられました。5月7日が49日での法要となるとも言っていました。

人は、いつか他界する。南無阿弥陀仏 南無妙法蓮華経

Filed under: 生命(いのち) — yoshihiro 10:41 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031