新国立競技場に向けて !!

オリンピックという、世紀の人類の祭典、日本は大震災、大津波に襲われ、多くの、その土地の庶民の老弱男女の、死無くても良い方々は自然と言う大力、目に見えない力の攻撃の下に破壊された。人災で在るかもしれない点も?!!。この様な、大惨事の歴史を引きずっての、年寄りの人口割合が増えていく中、”デザインした。予算額は知らん。”では、私の家を建てる時でも、「デザインと、どれだけで家建てる。予算、私ら、これだけでないと、ヤットの手持ちのお金、もうこれ以上やったら,“ダメや”」 というふうに、一般家庭、普通の家庭では、やるでしょう。私もやってきました。””デザイン+建築費用 =one set です。

ええかげんな、ボケたような、平安時代風の公家が、遊びで蹴鞠してたような雰囲気で、牡蠣を剥いたときに出てくる肉な様な姿のスカーットせーへん天井と全体のセンス。”岡本太郎”という人が、太陽の塔を古代と現代と未来を人類への贈り物として、天空までものを世紀の万国博覧会に人類情熱の心を建立した。 天井に重たい鉄のアーチを2本、どこの家でも屋根には最近、軽い屋根になってきてまっせ。!!。あんな高いとこにへのいろいろな工事内訳、と余分な工事費?。考えています??。あんたのお金やったら???。

昔、貝遊びというものが、日本の宮廷の女官たちの中で、貝の表裏に美しい絵模様が描かれているのを使い、そして、貝の両方を同じ絵模様を合わせての遊びである。今も日本人の知恵は多くのノーベル賞を得たりしての世界人類に貢献をしている。 {{ 日本の建物を””貝のドーム型”” の国立競技場}}を私の提言とします。

日本人は、日本の心を建立してほしい。

 

Filed under: 時事論評 — yoshihiro 11:35 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031