新元号 生まれる ””令和”に思う

天皇陛下は、退位されるにあたり、平成というより”令和”にうつる。

始め聞いたときは、スーッツト心の中には入らなかった。”令”は、なにかを命令する化の様な事を走った。万葉集からの日本古来から出の文字であるとの説明があった。冷やかな音んの含む事を与えるようにも感じる。そしてそれで、イーコール”和”でまとめる。トの柔らかさにも欠けているようなfeelingを覚えた。

其うちに慣れて来るのでしょうか?。私は、後に存在をしていた”弘大”が好きだ。書くときに、広く大きく心も大きくなる。、、、..

ただ新号は、

いままで、歴史をみると憂き目を知っている文字ではある。徳川家康もその時却下している。弐三度のある場面の際でもタケノコのように芽は出なかった。

しかし、この世に出たんだから、過去の事をとやかく意のではなく、未来を明るく目指しての新号令和を応援していきましょう!!。一度でも二度でも敗れた人間でも冷たい目で視ず、暖かくの心で生きたいものです。元、所属 開運館E&Eの数秘占術師の私からすると、五画と八画で、十三角と成り全ての運画の中心に座位しており、揺るぎ無いものである核となった中心座位に存在した。この力を甘受出来る事に鍛錬して進める新しい道となるでしょう。

 

 

Filed under: 時事論評 — yoshihiro 3:36 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30