憧れのMAURITS HUIS

2013年の歳は観覧車の如く右回りを始めた。私どもは、1月4日に神戸メリケンパークオリエンタルホテルに一泊をした、930号室真正面の窓からネオンあでやかに明るく色彩を放つ観覧車がおもてなしをしてくれた。巳さんの絵の動きも出た。新年明けましておめでとう も、で た。飽きずに二人は12時近く楽しんだ。1月7日 朝7時から7時半の間にサンテレビで(株)オリオンのCMに出演する事の宣伝紙をこのホテルの人に、配った事をしたので、一つ安心感がある。明日は、市立博物館で今、私が販売している商品のラピスラズリ原石を粉にしての顔料を使っての絵画。なんともいいぇない色の輝きと品格ある女性の顔をいよいよ見に行ける。人の流れは、券を買うために約30分も要るそうだ。ホテルで買ったので不要。近くの、ファミリイーでも扱っているそうだ。入館をすると、機械的な声と共に切符を切る手先を動かしている色白の若い女性に券を渡す。横四列に並んでくださいとの声が響く。ゾロゾロと牛の牛歩(国会議員も過去このような遊びをしていた時期もテレビの放映あったようである)で進む。だんだんと暑くなってくる。息苦しい感じもする。何か、ナチスドイツの捕虜となった人々が、ガスの待っている場所に、無言の集団と化し動いているようである。まだ着かない。旧居留地の建物などを観て、溜まり場に出る、フーーッツと一息ついた。”forward”ーあいさつ、、と白板に第一生命保険会社の御かげとか延々と書かれていた。MAURITS HUIS までは??????。非常階段を下がり、3階への階段を上がる。”足の悪いお年寄り、その筋の人には楽あれば苦であるかもしれないが、苦行の修行をさせられた騙しの悪徳業者に、はまった様な気もする。やっと観ることとなる、対面できた。女房に、一時、私のはめている眼鏡を貸した。このすばらしい絵画以外の昔の男達の絵画の展示されている事はは、意味もなく、無駄な用である。群居しておる日本人を掻き分けて、横の部屋に、”縄文時代の生活の展示”があった。入った。人はおらんかった。空気は澄み。静寂であり、これこそ誠に落ち付いた観覧でき、今。美術館の体を成している所に着た様であった。

Filed under: 良心の独り言 — yoshihiro 8:11 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30