京都 コンサートホール 1階長椅子の状態 !。と、心。

京都コンサートホールの1階に20年くらいぶりに、長椅子設置され、そして、その後、妻と一緒に設置具合を、昨年のあるコンサートを聴きにの時に夏ごろ行き、その時、鉄作りを座ったら、”なんと冷やかな感触”であった。家に帰り、早速、事務所に電話をし、座っても木質での様な暖かくなるように要請をした。それから、こちらも毎日の繁忙で忘れていた。今回、音楽の仲間「花」第25回コンサートに行く機会が生まれたので妻と行った。庶民が、無料での聴けるという素晴らしい事です。

2月12日、寒いころである。”どうなってるんだろう??”との気持ちで、開けるのに重たい1階のガラスドアを押して入り、前回も同じ所で置いてある白色長椅子に座った。”あれ、何か違うな―?、なんと!!ヒーターが座るところの鉄板の下に設置され、お尻が温かいではありませんか!!。丁度その時に、知らないおばさんも座りに来た。「この長椅子暖かいでしょう!!」というと、そのおばさんも「まー、ほんとに温かいですね―」と、喜んでおられる。その後に、妻も来て座る。「ほんまやー、前、来た時と全然違う、温かいなー!」と、喜ぶ。が、??~ 言わんでもええのに、「この長椅子は、うちの人が、長年してなかった事なんで、ここの事務所の偉い人と言い合をして、直ぐに、させやはったんですわ―ー」トの話をした。聞いたおばさんは、「へー、えらいなー人やねー、お宅のご主人!」トの話であった。

善行を出来る時は、勇気を出して行動をする。バスの中でも赤子を抱いて立っている人を見ると、見ぬふりをしてジーーットその人が前に立っている事に行動をしない青年。重たそうな荷物を持っているお年寄りに気がつけば、サーーット席を譲る精神ある勇気。暑い車内、蒸せるような空気の温度が上がってきてる車内、””何も感じておりませんで――トの態度で下を向き座る””。””そして、立っている人達””。その様な時に出くわすと、私は、窓を開くようでの行動をする。時々、京都では、この体験をする。忍耐力がある!!。と、言う物ではない。陰湿でもある。{バカ。。}と判断すれば―かなー??なのである。自身の身心を欺いて{あざむく}いるのだ。--卑怯ーーな動物化としたお下品な人間化した物なのだ。 顔だけを見て、ああ―男前、ああ―美人等を感じて信用をする時代は終焉したと、、めざめ!心!。

 

 

Filed under: 思い出いろいろ — yoshihiro 10:10 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031