小池 希望党党首の”排除”発言は通常の言葉

私が、そしていろいろとの関係での生き抜いていくことへの道を闘していくには”排除”を無くしては、自立はできないでしょう。 京都新聞、‘29 10月29日 =小池氏の「排除」黙認=と、掲載していた。

例えば、自民党に共産党考えの人が入ってくるときでは、日本人の場合はなかなかズバーと言葉で表わさず、陰でいろいろと事をして、”排除”するように動くでしょう。小池さんはインターナショナルでの生き方されたので、国際感覚には不慣れなマスコミの一記者達には理解度出来ないのだろうと思います。”” イエス ノー ”がまず会話の頭にくる世界を知らない人には?????なんです。

党の政策集団を一致しての集団なので、そのことに賛成と言わなければ、他所の自分の主義主張に合う党を探して行けばよい事なんです。けったいな、バイ菌、肌に御合わない(主義主張)を事にする人とは、党の運営は不可能です。創業者、小池さんの心意気に賛同をして?民進党の方々は国会議員と今成った。サーこれからはと、、、犬が飼い主の鎖を切って好きな道をフラフラトするのか?、はたまた、忠実的に主人を守る犬と成り、選挙公約を果たすべく地道に国民の一票にを肝にずっしりと持ち、まず、国会議員報酬、自身を削り、その分を大阪維新での活動のような事に使うとかが出来るか?が、国民に対しての踏み絵なのですぞ!。旧民進党議員さん達出来ますかなー??。当然やってくださいよ!!。玉木議員さんは随分昔、TV出演され、議員報酬についての事でしたけれど、「妻が管理しているので、どのように入るのか?わからない?との事を言われていました。と思います。あまり、お金のことには、頓痴気だなー!。とも思いましたけど。

又、身体の中でも、がん細胞が入ってくると、”ハーイ、ドーゾ”という具合にOKしますか?”即排除”の行動を取らなくてはならないでしょう。取りますね―!そうしないと、病に為るからなのですよ。終いには死にますよ。政治家は、真の心ある男そして女の行動は人の為に、公僕たれ!!である。

Filed under: 政治 — yoshihiro 6:49 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031