都構想、天下分け目の戦争に想う。

大阪での政争であるとの思考で、僅差の大阪市民の選挙票で、今の希有な政治家、橋下徹という男を、抹殺したという結果にしてしまったのだ。私は、”反対”と書いた。しかし、私は橋下市長は、橋下さんは好きですよ!。という人たちが約11%程いたという。二重行政にYes と言って、自らの、二重人格にもYesというてる。””一衆団と鳥合の衆団達の一戦であった。””。日本人、男の戦いというものは、お互い”ナニナニのナニナニデアル”と言う物だ。国技の相撲でも土俵では、戦い一戦の前、両者は大きく両手を上げての姿を見せてくれる。が、鳥合の衆団達は、私たちは、””これこれこのようにやりますよ”とは、一声も民衆に言わなかった。勝つためには、自らの手の内を民衆には黙して語らずの非民主的な動き、ただただ

シニアは地下鉄乗合パスの割引は無くなりますよ!。二重行政はしておりません。ぬくぬくしてきた働き議員報酬金についても、とかは言わずのペテン師以上の口先でのマイク合戦を挙行した。また、水と油の不具合のバケツの中での混合試験詐欺用をもしたという様相。=”””たわけ者たち”””=と、心ある人たちは、いつか何かの一徹に動くだろう。

橋下市長さんは、引退後、自らの弁護士業をとうして、維新の党の弁護士と成り、大きく将来の日本国発展に寄与してほしいです。

 

Filed under: 未分類 — yoshihiro 11:06 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829