うららかな 春

この地球上の、日本では春夏秋冬がある。今の、“温暖化としての環境となり、”窮屈である生活となっているっ時代”となっている。それと共に、今、大人の思う心の領域考えの思考流れゾーン と 若者たちの思っている心の考えている流れ方の質ゾーンとも格差思考が生ずるのは当たり前である。同時に、年寄りたちの生活の思考、と、若者たちが明るく、明快に算術できる生活の思考には、大きな格差は存在していることも、認知するべきである。開かれた」情報世界となっている今、ある国での人民たちは、その日の、食事さえままならない現状があり、それは、政治家の他を思う心の欠如である現象。反面、そしての現象の一面としては、日本国の素晴らしい観光を求め、電気製品、化粧品、薬品などなどを求め、買い求め、自国の商品は“信用ならん”と言っている人民たちのおる存在。まだ見ぬ国に来て、”こんなに日本の人々は、やさしく、親切な人とは思っていなかった。日本で生活をしたい!!。といっているTV を視聴した。政治家という商売をしている人は我が国を好ましくないと思い、国民たちは多くの団体を作って日本の土を踏み多くの時を過ごす事の、流れがあることは思考不一致格差炎症(私はここで、病の一種であろう命名します。)

という病が私は今、はびこってきているように思う。大人の政治家の世界と、若者、国民の政治の世界とは、今、確かに、遊離している様に思う。選挙の中での空気も濁っている。今の政治家の中でのおじさん、おばさんたちは平気な面をして、平気な陳腐な誤りをして、の我が物私物化した金銭の使い方、領収書いらない民の血税からの金銭使用などを自制出来る精神の欠如しているお年寄りと為りの人物の塊が、うろうろしているように思う。この様なことを隠蔽して、ホッタラカシにしつずけて、“よろしくお願いっ、しますといっての自らのための選挙当選の為の動き姿勢である。「議員にしてや頼みますわ!!。」では、??????。そんなことしてほしかったら””あんたらもらう月給、私ら並みにする””というのなら、””わかった、選挙投票に行くわ””。。。と。。。。

私の、ちいさな庭の朝には、ひよどり、めじろ、多くの家族でのすずめもやってくる。今、春も近い、”うららかな春” を待っている。 鳥たちへのご飯、、、。さー、今日も一日。“健康と笑いと心ある毎日” で。

 

 

 

 

Filed under: 時事論評 — yoshihiro 11:23 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930